底堅い展開か

底堅い展開か
日経平均は2万2100円台からスタートし、寄り付き直後を安値に上げ幅を広げた。節目の2万2000円が壁とならなかったことに加えて、200日線(21886円、15日時点)を明確に上にブレークした。
 
明日(16日)の東京株式市場は、きょうまでの3日続伸で日経平均株価が合計481円高と500円近い短期急騰をみせ、昨年12月4日以来約4カ月ぶりに2万2000円台を回復したという達成感もあるが底堅い展開想定する。
 
出遅れ感のあったTOPIXも年初来高値を更新した。日米閣僚級交渉の内容が気になるところではある。日経平均は大幅高が2日続いたため、短期的には反動もあるかもしれないが、2万2000円より上での値固めが進むかどうかが目先の焦点となる。
ただ、次のターゲットは昨年12月3日につけた2万2698円となるが、そこまでは特段強い抵抗がない。日米交渉が友好ムードで進み、海外市場も堅調が続くようであれば、ある程度過熱感を伴いながらも上昇が続く可能性は十分ある。
 
 
■上値・下値テクニカル・ポイント(15日現在)
 
22816.00  ボリンジャー:+3σ(13週)
22710.00  均衡表雲上限(週足)
22691.81  ボリンジャー:+2σ(26週)
22397.78  均衡表雲下限(週足)
22350.92  ボリンジャー:+3σ(25日)
22312.73  ボリンジャー:+2σ(13週)
 
22169.11  ★日経平均株価15日終値
 
22078.36  ボリンジャー:+2σ(25日)
21964.35  ボリンジャー:+1σ(26週)
21886.29  200日移動平均線
21850.49  均衡表転換線(日足)
21833.81  6日移動平均線
21809.47  ボリンジャー:+1σ(13週)
21805.81  ボリンジャー:+1σ(25日)
21561.30  均衡表転換線(週足)
21561.30  均衡表基準線(日足)
21533.25  25日移動平均線
21306.21  13週移動平均線
21260.69  ボリンジャー:-1σ(25日)
21257.29  均衡表雲上限(日足)
 
ローソク足はマドを空けて上げ、陽線を引いて取引を終えた。5日、25日、75日の各移動平均線が上昇を続けたほか、終値は昨年12月3日以来およそ4カ月ぶりに200日線を上回った。週足では13週線が26週線を上抜き、強気局面入りを示唆した。
 
一目均衡表では、転換線と基準線がともに上向いた。遅行線は株価との上方乖離幅を拡大し、買い手優位が一段と鮮明になった。ボリンジャーバンド(25日ベース)では、終値が+2σを上回り、上値拡張局面入りを示唆した
 
【自社株買い】
(15日大引け後 発表分)
 
■ココス <9943>
発行済み株式数(自社株を除く)の6.0%にあたる100万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は4月16日から20年4月15日まで。
 
 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
断然おトク「ポイント投資」
【2位】
コーヒータイム「消費量と日経平均」
【3位】
「ゴールデンウィーク」の由来って?

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。