「昔」
「昔」
 
「昔」
 
市場に資金が流入すれば株価は当然上がる。
ということは、資金が入るか資金が出ていくかを予測するのが「イロハのイ」ということ。
ところが、どういう訳かここを通り過ぎて、何が上がるか何が下がるかと躍起になるのが市場。
資金が入れば、ほぼ上昇トレンド。
資金が出ていけばほぼ下落トレンド。
この基本に立ち返ってみることが大切だろう。
脚色としての米中摩擦やブレグジットに振り回されてはいけない。
床屋政談をする時間の無駄に見えてくる。
市場にマネーがやってくるのかどうか。
市場からマネーが逃げていくのかどうか。
微分して個別だけを考えると見間違える可能性が高い。
かといって、市場からマネーが逃避しても、上がる銘柄は必ずあるところがややこしいところ。
 
★「灰汁(あく)抜け」
株価を下落させる悪材料が出尽くして下落が一段落すること。
 
★「味」
株価のようすのこと。
「地合い」「地味」「場味」ともいう。
 
★「ちゃぶつく」
見込みが外れて、売っても買っても思い通りにいかず、損を重ねてしまうこと。
 
★「もしも!」
単に「もしもし」の「し」を省略したもの。
 
★「まる」
日本の証券会社のほぼ共通用語。
「×」「ゼロ=0」「取り消し」の意味。
 
★「ダマテン」
顧客に黙って勝手に株の売買をすることです。
 
 
★「コツン」
底打ちを表現する言葉。落ちて地面にぶつかってコツンと音がすることに由来。
実際に音がコツンと聞こえることはない。
聞こえたとしたら幻聴。
 
★「いって来い」
相場や株価が値上がりまたは値下がりした後に、結局はもとの水準まで逆戻りしてしまうこと。
ゼロ、トントン、ツーペイ
 
東証の昔話。
 
かつて「いい風が吹くように」と四方八方に扉が設置された。
今の東証にもいくつもの扉がある。
立会場はもともと3階建てにする予定だったが「青天井にしろ」と証券会社が猛反発。
吹き抜け構造で天窓が設置された。
勝負の日はゲンを担いて南口から入らずに、わざわざ東口(辰巳=立つ身)から入場した場立ちが多かったという。
 
(櫻井)。

 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
ご存知ですか?相続法改正を
【2位】
【耳より情報】チャートより企業ホームページ
【3位】

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。