反落後、底堅い動きか
【オープニングコメント】
反落後、底堅い動きか
 
13日の日経平均株価は反落後、底堅い展開か。
日経平均株価の予想レンジは、2万1300円-2万1600円。
英下院はメイ英首相がEUと合意した離脱協定案を否決した。欧州の混迷が想定される中、日本株はきのうの大幅高の反動で売りが優勢の展開を予想する。
日経平均株価は直近2日間で、前週末8日に下落した分を取り戻し、3月限SQ(特別清算指数)値の2万1348円40銭を上回った。ただ、2万1400円前後の水準は、2月後半にもみ合いとなった水準でもあり、ヤレヤレの売りが控えているとみられ、上値は重そうだ。
 
一方で、下値を売る材料にも乏しいことから、底堅い動きとなりそう。
25日線(2万1261円、12日時点、以下同じ)や5日線(2万1341円)はサポートとして期待でき、これらの水準を意識しながら、押し目買いや買い戻しで株価の下落幅は限定されよう。
 
為替相場は、ドル・円が1ドル=111円台の前半(12日終値は111円36-37銭)、ユーロ・円が1ユーロ=125円台の半ば(同125円46-50銭)と小動き。
シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、12日の大阪取引所終値比100円安の2万1230円だった。
 



【好材料銘柄】
 
■ハピネス・アンド・ディ<3174>
コメ兵 <2780> [東証2]とブランド品の買い取りで協業。
 
■信越化学工業 <4063>
発行済み株式数(自社株を除く)の3.3%にあたる1400万株(金額で1000億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は3月13日から9月30日まで。また、今回取得した自社株を全て消却する。消却予定日は10月7日。
 
 
■ケーヨー <8168>
前期最終を一転黒字に上方修正。
 
■シルバーライフ <9262> [東証M]
上期経常が66%増益で着地・11-1月期も55%増益。
 
 
【主な経済指標・スケジュール】
 
13(水)
1月機械受注(8:50)
2月企業物価指数(8:50)
1月第3次産業活動指数(13:30)
《決算発表》
アルトナー、Hamee、トーエル、シーアールイー、JPNミート、アセンテック、シーイーシー、丹青社
 
【海外】
米1月耐久財受注(21:30)
米2月生産者物価指数(21:30)
《米決算発表》
プログレッシブ・コープ
 

※株式スケジュールは予定の為、変更される場合があります。

 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
ご存知ですか?相続法改正を
【2位】
【耳より情報】チャートより企業ホームページ
【3位】

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。