マザーズ指数は続伸、買い戻しの動き
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は続伸、買い戻しの動き
東証マザーズ指数は前日比24.03ポイント高の935.01ポイントと続伸。
米国株高を背景に買い戻しの動きが強まっている。週明けの米国市場では、ハイテク関連銘柄中心に買い戻され、テクノロジー関連銘柄が多いマザーズ市場にも好影響をもたらそう。これにより、マザーズ市場も朝方から自律反発狙いの買い戻しの動きが先行している。
 
また、前日に発表された1月の小売売上高が市場予想を上回ったことから、警戒感も和らいだことも個人投資家にとっても支援材料として意識されるとみられる。
ただ、英国の欧州連合(EU)離脱案の再採決を控えており、再採決の動向を見定めたいの雰囲気も根強く、買い一巡後は上値の重い展開が想定される。
 
値上がり銘柄数は227、値下がり銘柄数は44となった。

個別では、窪田製薬ホールディングス、ジーニー、トランザスがストップ高。EduLab、オンコリスバイオファーマ、イード、AmidAホールディングスは昨年来高値を更新。リンク、アンジェス、ジェイテックコーポレーション、SKIYAKI、リボミックは値上がり率上位に買われた。

一方、アクアライン、CRGホールディングスが昨年来安値を更新。ライトアップ、イトクロ、G−FACTORY、Delta−Fly Pharma、ロジザードは値下がり率上位に売られた。
 
 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
考える習慣でボケ防止に一石二鳥
【2位】
とりあえずでは無く、どっぷり株に!
【3位】
勤務中にできなかった「相場が開いている時間」

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。