252円高 買い優勢、米株高や円安が追い風
【市況】東京株式(寄り付き)=252円高 買い優勢、米株高や円安が追い風
【寄り付き概況】

15日の日経平均株価は、前週末比252円41銭高の2万2122円97銭と大幅に3日続伸してスタート。
前週末に160円近い上昇で年初来高値を更新した日経平均だが、NYダウ大幅高など受け寄り付きは大幅続伸の動きで始まった。
外国為替市場でも1ドル=112円台に入るなど円安が進行、日経平均はリスクオンの流れに乗ってフシ目の2万2000円台ライン突破から一段の上値をうかがうことが期待される。
 
ただ、きょうから開始される日米物品貿易協定(TAG)交渉の初会合などの動向を見極めたいとの思惑もあり、目先買い一巡後は伸び悩むとの見方もある。
 
寄り付き時点で業種別では33業種全面高で、値上がり上位に非鉄、鉱業、化学、銀行、倉庫など。
 
個別では、ソフトバンクG、任天堂の買いが厚く、ファーストリテも上伸。任天堂が高く、ソニー、トヨタ、デンソー、ブリヂストン、三菱UFJ、三井住友が上げ、東京海上も買われている。
半面、大和ハウス、武田、塩野義が売られ、中外薬は軟調。東電力HD、KDDIは小幅安となっている。

 
225先物は、野村・シティ・ドイツ・バークレイズ・三菱・GS・JPが買い越し。
みずほ・パリバ・UBS・楽天・アムロ・SBIが売り越し。
TOPIX先物はGS・モルスタ・日興・SBI・パリバが買い越し。
大和・バークレイズ・メリル・アムロが売り越し。
 
 
テクニカル的には、コシダカ(2157)、アウトソ(2427)、JBR(2453)、パル(2726)、スシロー(3563)、TIS(3626)、GMOPG(3769)、OLC(4661)、りらいあ(4708)、CTC(4739)、フルキャスト(4848)、コニシ(4956)、テクノプロ(6028)、SANKYO(6417)、日新電(6641)、シマノ(7309)、コジマ(7513)、パンパシ(7532)、オンワード(8016)、山善(8051)、乃村工(9716)、CSP(9740)、ベネッセ(9783)、ソフトバン(9984)が動兆。
 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
断然おトク「ポイント投資」
【2位】
コーヒータイム「消費量と日経平均」
【3位】
「ゴールデンウィーク」の由来って?

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。