政策銘柄に外れなし。「どこが儲かるか」
相場格言に「国策に売りなし」というのがあります。
国が推し進めようとしている政策によって追い風を受ける企業は、間違いなく「買い」です。
国が事業をサポートしてくれるようなものなのですから。

その意味でいうと首相官邸とか内閣府、経済産業省などのホームページは、株式投資の材料の宝庫です。ぜひ一度覗いてみることをおススメします。
出典元:首相官邸ウェブサイト

「役人さんのつくった資料は長いし、言葉がわからないし、第一むずかしい」なんてことはありません。
だいたい概要は1枚にまとめてあります。最近はイラストも使ってくれています。

例えば「未来投資戦略2018 概要 Society5.0、データ駆動型社会への変革」。
キーワードは、「自動化、遠隔・リアルタイム化」あるいは「リアルデータ、自動走行、オンライン医療、IoT見守り、AI、ロボット」など。
これからの社会がどう変わっていくのかが明確に示されています。
出典元:首相官邸ウェブサイト

重要なのは、その先にある「誰が儲かるの?」という世界を自分でイメージすることです。
自動運転なら、完成車メ−カ−だけでなく、半導体やサイバーセキュリティソフトの会社など。
遠隔医療なら4K・8Kテレビや医療データベースの企業などがターゲットになるはずです。
材料はあるのですから、あとはレシピを工夫して料理を美味しくするだけ。
50代、60代ならでの読みの深さは、ここでもものを言うに違いありません。


【株式名言】
国策に売りなし
相場格言集
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
考える習慣でボケ防止に一石二鳥
【2位】
とりあえずでは無く、どっぷり株に!
【3位】
勤務中にできなかった「相場が開いている時間」

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。