マザーズ指数は続落、週末の持ち高調整の売り
【市況】東証マザーズ市場(前引け)=マザーズ指数は続落、週末の持ち高調整の売り

東証マザーズ指数は前日比8.57ポイント安の923.94ポイントと続落。
個人投資家は、バイオ関連や直近IPO銘柄が利益確定売りになっている。
新規材料難に加え、週末の持ち高調整の売りが優勢になり、上値の重さも意識されている。
 
値上がり銘柄数は101、値下がり銘柄数は170となった。
 
個別では、ベガコーポレーション、エルテス、すららネット、ZUU、ヴィッツなど9銘柄が年初来安値を更新。オンコリスバイオファーマ、エムビーエス、ASJ、サイジニア、エクストリームが売られた。
 
一方、UMNファーマ、レアジョブがストップ高。バルニバービ、リーガル不動産、駅探、エニグモ、SHIFTなど9銘柄は年初来高値を更新。キャンバス、チームスピリット、AmidAホールディングス、霞ヶ関キャピタル、識学が買われた。


 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
断然おトク「ポイント投資」
【2位】
コーヒータイム「消費量と日経平均」
【3位】
「ゴールデンウィーク」の由来って?

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。