NYダウ反落 96ドル安 ボーイング株下落が重荷
【市況】NYダウ反落 96ドル安 ボーイング株下落が重荷
 
 12日のNYダウ工業株30種平均は反落した。前日比96ドル22セント安の2万5554ドル66セントで終えた。
 
ダウ構成銘柄であるボーイングは12日も売りが殺到。新型旅客機「737MAX8」の相次ぐ墜落事故を受け、英国やオーストラリアなど各国で運航停止の動きが広がり、業績悪化への懸念が一段と高まった。
また、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、英議会で離脱修正案の採決を控えていたことも相場の重しとなった。ニューヨーク時間午後の採決では修正案が反対多数で否決され、終盤にダウは下げ幅を広げた。
収益への影響が懸念され、ボーイング株は6%安と連日で大幅安となった。1銘柄でダウ平均を166ドルあまり押し下げた。
 
ダウ平均は小幅に上げに転じる場面もあった。米労働省が12日朝発表した2月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.5%上昇と伸び率は前月から縮小し、2年5カ月ぶりの低さだった。FRBが利上げに動きにくくなるとみて、株買いにつながった。
 
一方、米労働省が朝方発表した2月の消費者物価指数(CPI)は、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数が前月比0.1%上昇と、市場予想(ロイター通信調べ)の0.2%を下回る軟調な結果。インフレ圧力が抑制される中、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ停止が長引くとの安心感から、アップルなどハイテク株の一角が買われ、ナスダックは堅調に推移した。
 
 
ナスダック総合株価指数は続伸し、前日比32.967ポイント高の7591.031で終えた。アップルやアルファベット(グーグル)、アマゾン・ドット・コムなどの主力株が上げ、バイオ製薬株も軒並み高い
 
 
NYダウ工業株30種(ドル)
25,554.66−96.22
S&P500種
2,791.52+8.22
ナスダック
7,591.031+32.967
NY金(ドル/トロイオンス)
1,298.10+7.00   
NY原油(ドル/バレル)
57.16+0.29
円・ドル
111.32 - 111.33−0.04

 

【シカゴ日本株先物概況】


シカゴ日経平均先物は小幅続伸した。
6月物は前日比90円高の2万1230円で引け、12日の大取終値を100円下回った。12日朝発表された2月の米消費者物価指数(CPI)が伸び悩み、米利上げ停止観測を背景に買われた。ただ、NYダウ工業株30種平均が反落したため、上げ幅は限られた。
この日の6月物高値は2万1380円、安値は2万1150円。
 
シカゴ日経225先物6月限 (円建て)
21230 ( -100 )
シカゴ日経225先物6月限 (ドル建て)
21260 ( -70 )
( )は大阪取引所終値比




【欧州株式市場】

■イギリス・ロンドン株価指数
FTSE100 7151.15(+20.53)
FTSE100種総合株価指数は続伸した。前日11日の終値に比べ20.53ポイント高の7151.15で引けた。
英国と欧州連合(EU)が11日深夜に離脱修正案で合意したものの、これを好感するよりも、外為相場のポンド急伸を嫌気する格好で朝安スタートとなった。ただ、その後は英法務長官による法的助言で修正案への失望感が広まるにつれ、ポンド安を手掛かりに株価は切り返した。指数構成銘柄全体の約7割が上昇した。
銀行株が上昇した。英長期金利の上昇を背景に利ざや拡大を意識した買いが入った。原油高を追い風に石油株は全面高で引けた。
 
個別銘柄では、石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは0.4%高、同BPも0.2%高と強含み。銅価格の上昇を材料に鉱業株も堅調だった。なかでもロシアの鉄鋼大手エブラズは、2.7%高で上昇率トップ。前日下落した住宅建設株、航空のイージージェットは買い戻された。
 
半面、時価総額の大きい医薬品株が売られ、指数の重荷になった。ギャンブル事業のGVCホールディングスはが3.4%安で下落率トップだった。大幅安、品質試験サービスのインターテック・グループも安かった。それぞれアナリストが目標株価を引き下げたことが売り材料視された。米ボーイングの株安が波及し航空のインターナショナル・エアラインズ・グループは続落した。ボーイング「737MAX8」の利用中止を決めた旅行のTUIは一時上昇する局面があったが、結局下落して引けた。
 
 
■ドイツ・フランクフルト株価指数
DAX 11524.17(-19.31)
ドイツ株式指数(DAX)は反落した。終値は前日11日と比べて19.31ポイント安の11524.17だった。
 
個別銘柄では、前日に大幅に上昇したオンライン決済サービスのワイヤーカードとドイツ銀行がこの日は大幅安となり、指数の下落を主導した。自動車株も売りに押された。
一方、透析器大手のフレゼニウス・メディカル・ケアと電力のRWE、医薬・化学大手のメルクの上げが目立った。
 
 
■フランス・パリ株価指数
CAC40 5270.25(+4.29)
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
考える習慣でボケ防止に一石二鳥
【2位】
とりあえずでは無く、どっぷり株に!
【3位】
勤務中にできなかった「相場が開いている時間」

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。