新製品から選んでみよう
ヒトが集まったり、人気のある製品は株式市場でも話題になるものです。
それが新しい製品だったり、サービスだったりすると、特に注目度は高まります。
任天堂の「ポケモンGO」が登場したのは、2016年夏。
巷では、多くの人がたむろしてポケモンを探す姿が目につきました。

当時の株式市場では、任天堂の株は値幅制限いっぱいのストップ高となったり、1日の売買代金が歴代トップの7000億円を超えたりしました。
新製品の登場が、先行き不透明だった任天堂の株価を復活させたのです。
商品やサービスの開発が企業を変身させた良い例になりました。

アメリ力ではiPhoneがボロボロだったアップルをよみがえらせ、一時は同社の時価総額は1兆ドル(約110兆円)と、日本のトヨタ(22兆円)の5倍に。
インターネットで儲けるビジネスの筋道を付けたヤフー。
1997年に上場した時の株価は154万円でしたが、その後分割をくり返し、1株が81万9200株になっていますから、
ずっと持っていたら数億円の財産になったというのは、業界では有名な話です。

ちなみに、コンビニを日本にはじめて持ち込んだ当時のセブンイレブンは(今、セブンアイホールディングスになっていますが)
1979年の1000株が3万8000株になっていますから、やはり180万円→数億円。
時間効果とあいまって、資産の増加に役立ちました。1年あまりで90倍になったゲームアプリのガンホーなども記憶に新しいところでしよう。

バイオの業界も世界的に大化け株の多いセクターです。
つまり、株式相場は今までになかったものを求め、それが登場した時には、最大限の評価をすると言えます。
空飛ぶ自動運転自動車、体内を駆け巡る診察ナノカプセル、完全ヒト型ロボットなど未来の技術は目白押し。

現役をリタイアし、社会との接点が薄くなった60代にとって、株式市場は、実は未来を応援し実現できる夢のような場所なのです。


【株式名言】
株価は企業の将来を映す鏡
相場格言集
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
ご存知ですか?相続法改正を
【2位】
【耳より情報】チャートより企業ホームページ
【3位】

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。