良好な米経済指標にドルは111円後半を回復する上昇
【為替】良好な米経済指標にドルは111円後半を回復する上昇
[概況]

NY市場に入り、発表された3月生産者物価指数は予想を上回り、新規失業保険申請件数も予想より減少し、20万件を割り込む良好な結果で、NY株式市場も上昇で始まるとドルは一段と買われて111円半ばまで上昇した。
 
其の後NY株式市場が下げに転じてドルも上値が重くなったが、中盤に米国債利回りが上昇するとドルは一段高となって111円後半に値を伸ばし、終盤には当日高値111.700円まで上昇した。
 
最後も前日比+67.5銭高の111.665円と111円後半まで値を戻し、ユーロ(+57.5銭)も上昇、EU首脳会議で英国のEU離脱期限延長(10月末まで)が決まったポンドも買われた(+57銭)。良好な米指標にドルはあっさりと111円後半を回復したが、ここからの更なる上昇は企業決算の結果を見てからではないか。


[提供:カネツFX証券株式会社]


 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
断然おトク「ポイント投資」
【2位】
コーヒータイム「消費量と日経平均」
【3位】
「ゴールデンウィーク」の由来って?

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。