【課題】リスクを抑え、利益を重ねる
「どう利益を重ねるか」というのは株式市場の永遠の課題です。 
しかし「損をしない」で株式投資を永遠に継続できるかと言えば、どだい無理な話です。 
一番カンタンな、はじめての投資でも儲けるコツは「利益は爪を伸ばし、損失は最小限に抑える」です。 

はじめての投資には「マイナス10%〜20%」という損切り基準をオススメしています。 
ただしこの基準は「私の買値」。これは市場には全く関係ありません。 
だったら絶対基準の絶対基準値の「25日移動平均線(あるいは75日線)を株価が下抜けたら売り」としておくのが一番わかりやすいでしょう。
 
ところで取引手法には「逆指値」があります。 
ある日突然暴落した時に備えて、これを使いたくなる気持ちもわかります。 
しかし、私はオススメしません。 
わざわざ忙しくトレードしなくても、十分間に合います。 
逆指値までして持つのは、その銘柄の未来を信じていないということ。 
自分の感覚に自信がないのなら、そもそも銘柄を買わなければ良いはずです。 

はじめての投資の鉄則に、「急がない・焦らない」があります。 
「5%下がったら売るよう逆指値」のような過敏な売買では、なかなか利益を上げられません。 
そもそも、5%ルールでも20回続ければ元本は約3割。 
「半値8掛け2割引」というのが相場の下値を表現する言葉ですが、その水準(元本の32%)と変わりません。 
それよりも「売ったら休む」方式のほうが、実は損を減らせます。 

投資家さんは、利食ったら次の株を買いたくなりがちなもの。 
しかし、売れたということは相場は高いはずです。 
一度深呼吸してから、もう一度トライすることも大切です。 

買いも売りも、無駄な商いをしないことが儲けへの早道なのです。 

【株式名言】 
売るべし、買うべし、休むべし
 
相場格言集
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
断然おトク「ポイント投資」
【2位】
コーヒータイム「消費量と日経平均」
【3位】
「ゴールデンウィーク」の由来って?

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。