70円高と続伸スタート、円安で買いが先行
【市況】東京株式(寄り付き)=70円高と続伸スタート、円安で買いが先行
【寄り付き概況】

12日の日経平均株価は、前日比70円97銭高の2万1782円35銭と続伸してスタート。
前日のNYダウなど主要指数が総じて軟調だったものの、下げは小幅にとどまり、外国為替市場で1ドル=111円台後半にドル高・円安が進んでいることもあって、主力輸出株中心に外部環境は追い風となっている。
 
ただ、これから本格化する米企業の決算発表が警戒されるなか、きょうは週末ということもあって持ち高調整の売りが想定され、上値は重いとの見方がある。
 
日経平均先物・オプション4月限SQ(特別清算指数)の市場推定値は2万1870円84銭。
 
寄り付き時点で業種別では33業種中、21業種が高く、値上がり上位に銀行、その他製品、保険、水産、電力ガスなど。一方、値下がりで目立つのは石油、鉱業、医薬品など。
 
個別では、トヨタ、ソニー、任天堂はしっかり。ファーストリテが高く、ソフトバンクGは強含み。三菱UFJも買われている。
半面、ファナック、東エレク、信越化は軟調で、安川電が弱含み。武田は下落し、花王も緩い。7&iHDは安く、良品計画が下押している。

225先物は、シティ・SBI・野村・GS・ソジェン・アムロが買い越し。
メリル・JP・パリバ・ドイツ・モルスタ・大和が売り越し。
TOPIX先物はGS・クレディ・大和・三菱・メリルが買い越し。
バークレイズ・野村・JP・アムロが売り越し。
 
テクニカル的には、日揮(1963)、キリン堂(3194)、大王紙(3880)、ファンタジー(4343)、明光ネット(4668)、ウチヤマ(6059)、サイゼリア(7581)が動兆。



 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
断然おトク「ポイント投資」
【2位】
コーヒータイム「消費量と日経平均」
【3位】
「ゴールデンウィーク」の由来って?

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。