前場終値比で横ばい
【市況】東京株式(後場寄り付き)=前場終値比で横ばい
【後場寄り付き概況】

後場寄り付きの日経平均株価は、前営業日比126円87銭高の2万1838円25銭で始まった。東証株価指数(TOPIX)は、1.37ポイント安の1605.15で始まった。
 
少数の値がさ銘柄に買いが集中した前場の流れを引き継ぎ、日経平均株価は堅調に推移している。東証株価指数(TOPIX)は前日終値付近での小動き。
外国為替市場では、1ドル=111円70銭台の推移。アジアの主要株式市場は総じて軟調。
 
個別で、ファーストリテが大幅高を維持し、ソフトバンクGが前場高値を上回っている。ソニー、トヨタ、ホンダが買われ、三菱UFJ、三井住友が値を保ち、東京海上も高い。
半面、安川電の売りが厚く、キーエンスも値下がり。武田が売られ、エーザイは軟調。良品計画は大幅に続落している。

日経平均寄与度の大きいファーストリテやソフトバンクGの上昇から、日経平均は3ケタの上昇で前場を折り返した。日足チャートでは、2万1900円手前に位置する200日移動平均線に再び迫る動きを見せている。成長期待の再燃したファーストリテやウーバー上場が材料視されるソフトバンクGの上昇が続けば、200日線の上抜けや節目の2万2000円台回復への期待も高まってくるだろう。
 
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
断然おトク「ポイント投資」
【2位】
コーヒータイム「消費量と日経平均」
【3位】
「ゴールデンウィーク」の由来って?

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。