【これで万全!】タダの株を増やす

昔から言われている理想の投資鉄則は「タダの株を増やすこと」。 
どういうことかと言えば… 
1000円で200株買いました。 
その後2000円まで上がった時、半分の100株を売りました。 
この場合、投資元本は20万円。 
100株を2000円で売ったのですから、回収額は20万円。 
手元に残った100株はコストゼロですから「タダの株」です。
 

こうなると株価が上がろうと下がろうと右往左往しなくなるでしょう。 

何しろコストゼロなのですから、どんなに下がっても気になりません。 
たとえ上場廃止や倒産となっても決して損はしないのです。 
上がれば上がった分だけ利益、理想的な方法です。 
このように「タダの株」を増やして行けば、毎日が楽しくなります。 

また、単に売ろうかどうか迷っている場合も「この虎の子の100株、今売って利食うか!」と意気込まずに「まあここで100株売っておいて、あとは様子を見てみよう」と売買に余裕を持てます。 
タダの株を増やせるように「100株よりも200株買いましょう」とオススメしているのです。 

たくさんの銘柄に手を出すよりも、目を付けた30銘柄の中の5銘柄で、タイミングをずらして売買する。 
まさに「踊らない。騒がない。あわてない。あきらめない」をストレスなしに実践できることになります。 

【株式名言】 
もうはまだなり、まだはもうなり
 
相場格言集
人気のコラム アクセスランキング
【1位】
断然おトク「ポイント投資」
【2位】
コーヒータイム「消費量と日経平均」
【3位】
「ゴールデンウィーク」の由来って?

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。