動画再生
【大引け概況】
23日の日経平均株価は、前営業日比307円82銭高の2万4124円15銭で終了した。
 
本日のマーケット動画
時間:00:01:39 容量:13.95M


過去のマーケット動画はこちら
 
米財政問題に対する楽観的な見方を背景に22日の米国株が上昇し、23日の東京株式市場でも朝方から買いが優勢だった。
23日昼には日銀が「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で現状判断を上方修正したことや、金融政策の現状維持決定で先高期待が強まり一段高になった。日経平均株価は、1991年11月15日以来、26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復した。
 
市場では「世界経済の中心である米国で株価が上昇基調にあり、日本でも当面は株高が続きそうだ」との声があった。
電機や銀行など主力業種を中心に幅広い銘柄が値上がりした。株価指数先物には欧州系の投資ファンドとみられる買いが入り、日経平均を大幅に押し上げた。
 
売り注文が少ないため、株価は上昇しやすかった。「日経平均の2万5000円回復はそう遠くないかもしれない」と、先高期待が高まっている。
JPX日経インデックス400は3日続伸した。終値は前日比173.60ポイント高の1万6937.63と、2014年1月の算出開始来の最高値を更新した。
東証株価指数(TOPIX)は、19.15ポイント高の1911.07で終了した。
 
東証1部の出来高は14億1512万株、売買代金は2兆7548億円。
東証1部の値上がり銘柄数は1648、値下がりは346、変わらずは68と、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を大幅に上回った。
 
業種別では33業種中32業種が上昇し、下落は石油・石炭の1業種のみ。値上がり率1位は不動産で、以下、その他金融、精密機器、ガラス・土石、その他製品、食料と続いた。
 
個別では、任天堂が大量の買いで昨年来高値を更新し、ソニー、村田製、トヨタ、日産自、、ブリヂストン、三菱UFJ、三井住友が上げ、野村、オリックスも堅調だった。ソフトバンクG、ファーストリテも買われた。
半面、ファナック、SMCが売りに押され、三菱電、リクルートHD、7&iHD、JXTGは値下がりした。
 
東証2部株価指数は前日比39.19ポイント高の7731.41ポイントと3日続伸した。値上がり銘柄数は336、値下がり銘柄数は130となった。
 
個別では森尾電機が一時ストップ高と値を飛ばした。JESCOホールディングス、三井金属エンジニアリング、富士ピー・エス、弘電社、ソルコムなど42銘柄は昨年来高値を更新。イトーヨーギョー、中西製作所、西芝電機、エリアクエスト、富士通コンポーネントが買われた。
 
一方、杉村倉庫がストップ安。浅香工業、アライドテレシスホールディングス、森組、SFPホールディングス、ジー・スリーホールディングスが売られた。

 

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。