動画再生
【大引け概況】
2日の日経平均株価は反落した。終値は前日比211円58銭安の2万3274円53銭。
本日のマーケット動画
時間:00:01:03 容量:8.73M


過去のマーケット動画はこちら
 
東証株価指数(TOPIX)は6.24ポイント安の1864.20と、ともに反落した
 
米国株の乱高下に警戒が強まり、大幅安でスタート。寄り付き直後を安値に売りが売りを呼ぶ展開となり、前場は300円超の下落で終えた。
後場は、日銀による上場投資信託(ETF)の買い入れ観測や株価指数先物の売り方による買い戻しなどで、やや落ち着きを取り戻し、前場の安値を下回ることなく下げ幅を縮めた。しかし、米雇用統計を控えた週末で見送りムードも強く、戻りのペースは鈍かった。
 
日銀は午前、固定利回りで無制限に国債買い入れる公開市場操作の「指し値オペ」を通知した。国内の金利についは先高観が後退し、銀行株に売りが膨らんだのも相場の重荷だった。
JPX日経インデックス400は反落した。終値は前日比53.56ポイント安の1万6478.35だった。
東証1部の出来高は17億244万株、売買代金は3兆2149億円。騰落銘柄数は値上がり808銘柄、値下がりは1186銘柄、変わらず70銘柄。
 
個別では、任天堂が売られ、京セラや東エレクの下げが目立った。三菱UFJ、三井住友の売りが厚く、ソフトバンクG、ファーストリテも下落。カシオや中外薬が安い。
半面、リコーや花王、三井物の上昇幅が大きかった。社長交代を発表したソニーが午後上げ幅を拡大した。トヨタ、デンソー、伊藤忠、中部電は高く、商船三井が買われた。
 
東証2部指数は前日比26.18ポイント安の7654.72ポイントと反落。値上がり銘柄数は178、値下がり銘柄数は282となった。
個別では、サンユウ、エルナー、北越メタル、杉村倉庫、宮入バルブ製作所が売られた。
 
一方、大和自動車交通がストップ高。平和紙業は一時ストップ高と値を飛ばした。富士ピー・エス、森組、TTK、アイスタディ、ベネフィット・ワンなど34銘柄は昨年来高値を更新。北日本紡績、カンダホールディングス、マイスターエンジニアリング、オプティマスグループ、MCJが買われた。

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。