動画再生
【大引け概況】
今年最後の取引となった29日の日経平均株価は前日比19円04銭安の2万2764円94銭で終えた。
本日のマーケット動画

過去のマーケット動画はこちら
東証株価指数(TOPIX)は1.47ポイント安の1817.56と、ともに小幅続落した。
年末の終値として6年連続の上昇は確保したが、上値の重さが目立つ後味の悪い展開だった。
 
米株高を下支えに上昇する場面もあった。しかし、年末に伴い東証1部の出来高は8億8915万株と今年最低の薄商いとなり、戻り売りを吸収できなかった。
今年最後の取引となった29日の東京株式市場では、日経平均株価が小幅続落した。年末の終値として6年連続の上昇は確保したが、上値の重さが目立つ後味の悪い展開だった。
 
28日、NYダウ工業株30種平均が史上最高値を更新。日経平均も上げ幅を一時、前日比100円近くに広げた。しかし、「年末で株高のけん引役となる国内外の機関投資家が不在」の状況では、株価上昇の勢いは限られた。
 
東証1部の売買代金は概算で1兆5465億円だった。売買高は8億8915万株で、2011年12月30日以来およそ6年ぶりの低水準だった。
東証1部の値下がり銘柄数は914、値上がりは1030、変わらずは119だった。
 
東証株価指数(TOPIX)は小幅に続落し、終値は前日比1.47ポイント安の1817.56だった。16年末終値(1518.61)より298.95ポイント高い。年間での上昇は2年ぶりとなり、年末の水準としては1989年(2881.37)以来、28年ぶりの高水準だった。
 
業種別株価指数(33業種)は、食料品、化学、サービス業の下落が目立つ。上昇はガラス・土石製品、パルプ・紙、銀行業など。
 
個別銘柄では、資生堂や信越化、三菱ケミHDなど化学関連が下げた。JT、キーエンスや日電産が安く、大和ハウスや大東建も軟調だった。トヨタが値を下げ、ソニー、東エレク、SUMCO、キヤノンは下落した。
 
一方、三菱UFJや三井住友トラ、三井住友FGなど銀行株は上げた。大和や野村も買われた。クボタやコマツが高い。任天堂が小幅高。三菱商や伊藤忠、住友鉱が年初来高値を更新した。
 

東証2部株価指数は前日比50.76ポイント高の7275.86ポイントと3日続伸した。
値上がり銘柄数は276、値下がり銘柄数は192となった。
 
個別では、三井金属エンジニアリング、弘電社、ブルボン、マックスバリュ東北、エスビー食品<など21銘柄が年初来高値を更新。宮入バルブ製作所、省電舎ホールディングス、ネポン、中央ビルト工業、杉村倉庫が買われた。
一方、小島鉄工所、オリジナル設計、玉井商船、価値開発、ぷらっとホームが売られた。

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。