動画再生
【大引け概況】
4日の日経平均株価は前週末比111円87銭安の2万2707円16銭と4営業日ぶりに反落。
本日のマーケット動画
時間:00:01:11 容量:10.05M


過去のマーケット動画はこちら
朝方は為替の円安・ドル高を好感し、強含みで取引が始まった。
一時2万2864円33銭(前週末比45円30銭高)を付ける場面があった。
ただ、買いが短時間で一巡する一方、後場にかけ電機などの主力銘柄にまとまった売りが出て、相場全体が売り優勢に傾いた。
後場終盤には2万2693円99銭(前週末比125円04銭安)まで下押した
トランプ米大統領周辺とロシアとの不透明な関係をめぐる疑惑「ロシアゲート」への懸念や、北朝鮮リスクへの警戒感から、利益確定売りに押された。
 
電機や銀行など主力業種の値下がりが目立ち、市場では「国内外の機関投資家が当面の利益を確保する売りを出した」との話しがあった。
また、8日の株価指数先物とオプションの12月物の特別清算指数(SQ)算出を前に、節目の2万3000円までの上値が重いのをみて短期筋がSQ値を押し下げたいとの思惑から売りを出したとの見方もあった。
 
JPX日経インデックス400は4営業日ぶりに反落した。終値は前週末比91.17ポイント安の1万5832.47だった。東証株価指数(TOPIX)も反落し、9.66ポイント安の1786.87で終えた。
 
東証1部の売買代金は概算で2兆4096億円と連休の谷間だった11月24日以来の少なさだった。売買高は13億9443万株だった。
東証1部の値下がり銘柄数は1314と全体の64%を占めた。値上がりは645、変わらずは82銘柄だった。
 
個別では、キーエンスやファナック、村田製に売りが出た。資生堂や塩野義、任天堂も下落した。ペッパーフードサービスが急落、ニッカトー、アルテックなども大幅安。アカツキが安く、オリンパスも売り込まれた。
 
一方、米原油先物相場が上昇し国際石開帝石やJXTG、住友金属鉱山などの資源株に買いが入った。味の素やソニー、ファストリも上昇した。
 
SBIホールディングスもしっかり。豊和工業が急騰、石川製作所は一時ストップ高となるなど防衛関連が値を飛ばし、日本エスコンは、ストップ高まで上昇した。ジーンズメイト、ラクーン、東海カーボンなどが大幅高となったほか、ヨータイ、ディア・ライフも高い。
 
東証2部株価指数は前週末比30.68ポイント高の6923.69ポイントと続伸した。
値上がり銘柄数は212、値下がり銘柄数は251となった。
 
個別では、櫻護謨が一時ストップ高と値を飛ばした。田辺工業、富士ピー・エス、森組、SYSKENなど30銘柄は年初来高値を更新。自社株買いの実施を発表のソフト99コーポレーション、日本和装ホールディングス、ソマール、ジュンテンドー、川本産業が買われた。
 
一方、スーパーバッグ、くろがね工作所、Jトラスト、日建工学、ショクブンが年初来安値を更新。児玉化学工業、正興電機製作所、神島化学工業、エンビプロ・ホールディングス、イワキが売られた。




 








 

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。