動画再生
【大引け概況】
22日の日経平均株価は小幅に続伸し、前週末比8円27銭高の2万3816円33銭とこの日の高値で終えた。
 
本日のマーケット動画
時間:00:00:50 容量:7.05M



過去のマーケット動画はこちら
 
朝方は、円高止まりが重しとなり、売りが先行した。その後、いったん上げに転じたが、株価指数先物売りを交えて再度軟化し、日経平均株価は一時前週末比110円安まで下落する場面があった。一巡後は下げ渋り、大引けにかけてはまとまった先物買いに再びプラス圏入りした。
米長期金利の上昇を受けてMS&ADや大和といった保険株や証券株が買われ、指数を下支えした。ただ、米上院でのつなぎ予算の採決の行方をにらみ、総じて手控え気分だった。なお、上院採決は、当初の22日未明から同日正午に延期と報じられたが、直後の反応は薄かった。
 
JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前週末比23.53ポイント高の1万6764.03だった。東証株価指数(TOPIX)も続伸し、2.18ポイント高の1891.92で終えた。
 
東証1部の売買高概算は13億4298万株、売買代金概算は2兆3823億6200万円。値上がり銘柄数は1128、対して値下がり銘柄数は842、変わらずは94銘柄だった。
 
個別銘柄では、ファナックとソフトバンクは4営業日ぶりに反発した。第一三共やキリンHDが上昇した。2月14日を基準日として1対3株の株式分割を実施すると発表した北の達人コーポレーションはストップ高に買われた。日本たばこ、川崎重工業、オリックス、津田駒工業は堅調推移となった。
一方、三菱電や住友商、新日鉄住金は下落した。飯野海運、日本郵船、商船三井の海運株が売られ、ファーストリテイリング、東京エレクトロンの日経平均株価への寄与度の高い銘柄も安い。
 
東証2部株価指数は前週末比96.39ポイント高の7692.22ポイントと続伸した。値上がり銘柄数は304、値下がり銘柄数は168となった。
個別では、森尾電機、星和電機、くろがね工作所がストップ高。JESCOホールディングス、富士ピー・エス、森組、ソルコム、ベネフィット・ワンなど35銘柄は昨年来高値を更新。アライドテレシスホールディングス、大興電子通信、浅香工業、セントラル総合開発、三精テクノロジーズが買われた。
 
一方、杉村倉庫がストップ安。櫻島埠頭、タクミナ、アサヒ衛陶、セブンシーズホールディングス、トーソーが売られた。

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。