動画再生
【大引け概況】

18日の日経平均株価は続落した。終値は前日比104円97銭安の2万3763円37銭だった。
本日のマーケット動画
時間:00:01:51 容量:15.81M

過去のマーケット動画はこちら
17日の米株市場でダウ工業株30種平均が初めて2万6000ドルを突破した。
朝方は東京市場でも買いが先行し、一時は約26年2カ月ぶりに2万4000円台に上げた。

ただ投資指標面での割高感が強まったことから、買い一巡後は国内機関投資家からとみられる売りに押された。
後場に入り再び24000円台に乗せる場面もあったが、引けにかけて大きく値を崩し、3ケタの下落で本日の取引を終えた。

JPX日経インデックス400は続落し、前日比121.38ポイント安の1万6638.78だった。
東証株価指数(TOPIX)も続落し、13.96ポイント安の1876.86だった

業種別株価指数(33業種)では、33業種中28業種が下げた。
保険業、水産・農林業、非鉄金属が下落率上位だった。
一方、ゴム製品の上げが目立ったほか、その他製品などがプラスとなった。
 
東証1部の売買代金は概算で3兆5901億円。売買高は18億2075万株だった。
東証1部の値下がり銘柄数は1625、値上がりは371、変わらずは68銘柄だった。
 
個別では、ファナックやソフトバンクが軟調。長期金利の上昇を警戒し、住友不動産や三菱地所が下落した。
レーティング引き下げ観測の東海カは大きく売られた。アステラスやエーザイが安くリコーや東ソーも下げた。

半面、東エレクトロンやスクリンなどの半導体関連が買われた。アドバンテも3%を超える上昇。
新製品の「ニンテンドーラボ」の発売を発表した任天堂は大幅高となった。東京海上、NTTドコモは堅調、訪日外国人消費への期待から資生堂が買われた。

東証2部株価指数は前日比11.26ポイント安の7544.79ポイントと続落した。
値上がり銘柄数は198、値下がり銘柄数は268となった。
 
個別では、技研HDが年初来安値を更新。朝日インテク、グッドコムアセット、ゼット、カワタが売られた。
半面、アルツハイマー病似関する予防治療剤の特許取得との話が伝えられインタートレードがストップ高、
中国最大の決済サービス「支付宝」(アリペイ)の提供が伝えられたアクロディアもストップ高となった。
リミックスポイントやダイヤ電機、JESCO HDは一時ストップ高となった。

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。