動画再生
【大引け概況】
22日の日経平均株価は前日比36円66銭高の2万2902円76銭と小反発。
本日のマーケット動画
時間:00:01:32 容量:13M

過去のマーケット動画はこちら
 円強含みが重しになる一方、米国株高が支えになるなど決め手になる材料に乏しく、総じて前日終値を挟んでもみ合いとなった。
 
海外投資家を中心にクリスマス休暇入りで取引参加者が少ない中、午前の日経平均株価の下げを主導した医薬品、半導体関連株売りが一巡すると買い戻しの動きが強まった。
日経平均は前日終値を下回る時間帯も多かったが、日中の値幅(安値と高値の差)は107円と11月29日以来、約3週間ぶりの小ささだった。
 
取引の中心は個人投資家だったが、新規上場銘柄や銀行株の一角など「個人が好みそうな銘柄」から上昇した。また、「商社など重厚な銘柄や景気敏感株も上昇しており、クリスマスを控えた閑散時期にしては予想以上に堅調」との指摘があった。
市場からは「動きが鈍い。材料がなく参加者が少なく、週末となれば致し方ない。ただ、チャート的には下値を徐々に切り上げており、きっかけ次第で上抜けてくる可能性もある」との声が聞かれた。
 
東証株価指数(TOPIX)は6.47ポイント高の1829.08ポイントと3日連続で年初来高値を更新した。1991年11月13日以来の水準となる。
 
東証1部の売買代金は概算で2兆4038億円だった。前日を上回ったものの、5営業日連続で2兆円台にとどまった。売買高は14億8922万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1124と全体の約54%を占めた。値下がり844、変わらず96銘柄だった。
 
個別銘柄では、国際商品相場の上昇で国際石開帝石や住友鉱、三菱商といった資源関連株も買われた。コマツや日電産も買われた。三菱UFJ、りそなHDが値を上げ、任天堂は続伸した。ファーストリテ、ファナックの値がさ株が上伸し、オプトランは急騰した。ソニー、村田製が買われ、SUBARUは堅調。KDDI、郵船が買われた。
 
半面、21日の米半導体株の下落が重荷となり、東エレクやSUMCO、ディスコが売られた。エーザイは、アルツハイマー治療薬の開発の遅れを失望した売りが膨らみ急落した。小野薬や第一三共など他の医薬品株も売られた。
ソフトバンクGは反落。トヨタ、関西電、東レは軟調。SBIがさえない。
 
 
東証2部株価指数は前日比52.50ポイント安の7175.08ポイントと4日ぶり反落した。
値上がり銘柄数は215、値下がり銘柄数は233となった。
 
個別では、価値開発、昭和ホールディングス、岡野バルブ製造、リード、南陽など10銘柄が年初来安値を更新。オーミケンシ、グローバルダイニング、リミックスポイント、エスビー食品が売られた。
 
一方、省電舎ホールディングスがストップ高。日本電通、福留ハム、シノブフーズ、クリヤマホールディングス、古林紙工など18銘柄は年初来高値を更新。プレミアグループ、京進、IJTテクノロジーホールディングス、オリジナル設計、アルプス物流が買われた。
 

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。