動画再生
【大引け概況】
25日の日経平均株価は前週末比36円42銭高の2万2939円18銭と小幅続伸した。
 
本日のマーケット動画
時間:00:00:58 容量:8.24M

過去のマーケット動画はこちら
 
 今月11日の年初来高値2万2938円73銭を2週ぶりに更新した。
 1992年1月9日以来およそ26年ぶりの高値となる。

海外市場のクリスマス休暇が意識され、総じて薄商いの中、前場は小幅安で推移した。
しかし、昼休みに先物が強含み、後場に入るとプラス転換。前場同様に小動きではあったが、後場は一度もマイナス圏に沈むことなく、終値ベースでは年初来高値を更新した。
 
市場からは「日銀のETF買い期待はあるが、これを除けば、手掛かりは何もない。外国人投資家は休みで商いは少なく、あすも材料難で動きは鈍いとみている」との声が聞かれた
 
JPX日経インデックス400は続伸した。終値は前週末比32.89ポイント高の1万6226.96だった。東証株価指数(TOPIX)は4日続伸し、2.85ポイント高の1831.93で終えた。
 
25日はアジアや欧米で多くの株式市場が休場となり、海外投資家の取引が減った。東証1部の売買代金は概算で1兆5458億円と、2015年12月28日以来、約2年ぶりの低水準だった。
東証1部の売買高は10億5644万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は889と、全体の約4割を占めた。値下がりは1073、変わらずは102だった。
個別では、キヤノン、ファナックや安川電、ダイキンが上昇した。信越化が買われ、SUMCO、東海カや昭電工、資生堂の上げも目立った。
任天堂が締まり、国際帝石、出光興産が小高く、東レ、KDDIが値を上げ、エーザイも上昇した。
一方、証券会社の投資判断の引き下げがあった郵船が大幅に下げた。三井住友FGや千葉銀、静岡銀などの銀行株の下げ幅も大きかった。ソフトバンクGが甘く、ファーストリテは反落。ニトリHDは急落、日立はさえなかった。
 
東証2部指数は前週末比10.35ポイント高の7185.43ポイントと反発。値上がり銘柄数は183、値下がり銘柄数は276となった。
東証2部にきょう新規上場した要興業は公募・売り出し価格(公開価格、750円)を27%上回る950円で初値を付けた。終値は初値比1%高の960円だった。
 
個別では、省電舎ホールディングスがストップ高。三井住建道路、カンロ、福留ハム、シノブフーズなど27銘柄は年初来高値を更新。アサヒ衛陶<5341>、ネポン<7985>、いい生活、フルテック、杉村倉庫が買われた。
 
一方、サイオスがストップ安。クレアホールディングス、価値開発、フライトホールディングス、スーパーバッグ、昭和ホールディングスなど14銘柄は年初来安値を更新。ぷらっとホーム、日東化工、大興電子通信、富士ピー・エスが売られた。

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。