動画再生
【大引け概況】
13日の日経平均株価は続落し、前日比108円10銭安の2万2758円07銭で終えた。
本日のマーケット動画
時間:00:01:38 容量:14.04M

過去のマーケット動画はこちら
前場は、NYダウの連日最高値更新を支えに買い優勢で始まったが、その後は利益確定売りに下げに転じ、さえない展開となった。
 
前日比の下げ幅は170円に迫り、2万2700円の節目を下回る場面があった。前日の米ハイテク株安を受け、東エレクや信越化など半導体関連株に売りが先行した。米アラバマ州上院補選で与党・共和党候補が敗北し、米税制改革の先行き不透明感が強まったことも嫌気された。
ただ、当選した議員が実際に就任するのは年明けで、「税制改革への影響は限られる」との見方もある。日経平均も大引けにかけて下げ渋っており、投資家心理が大きく悪化した様子はない。
JPX日経インデックス400は5営業日ぶりに反落し、44.19ポイント安の1万6041.81だった。東証株価指数(TOPIX)も5営業日ぶりに反落し、4.24ポイント安の1810.84で終えた。
 
東証1部の出来高は19億54万株、売買代金は2兆8772億円。騰落銘柄数は値上がり790銘柄、値下がり1167銘柄、変わらず91銘柄。
 
個別では、関西電や四国電が安かった。東エレク、SUMCO、信越化、日電産と三菱電も下落した。一方、三菱UFJ、三井住友は買われた。任天堂、トヨタ、小野薬や第一三共、エーザイは買いが優勢だった。愛眼がストップ高、イマジカ・ロボット ホールディングスンホーが高かった。
 
東証1部に新規上場した佐川急便を傘下に持つSGHDは1900円の初値を付け、売り出し価格の1620円を17%上回った。終値は初値比6円(0.3%)高の1906円だった。縫製加工のマツオカも13日に新規上場し、初値は3800円と公募・売り出し価格の2600円を46%上回った。終値は初値比8.6%安の3470円だった。
 
東証2部株価指数は前日比33.41ポイント高の7110.42ポイントと5日続伸した。
値上がり銘柄数は216、値下がり銘柄数は247となった。
 
個別では、第一カッター興業、森組、カンロ、福留ハム、マックスバリュ東北など31銘柄が年初来高値を更新。ファステップス、ぷらっとホーム、杉村倉庫、自重堂、Oak キャピタルが買われた。
一方、ジオスター、大運、JEUGIAが年初来安値を更新。オーミケンシ、テクノマセマティカル、ハリマ共和物産、KIホールディングス、ケミプロ化成が売られた。

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。