動画再生
【大引け概況】
29日の日経平均株価は小幅ながら4日続落した。前週末に比べ2円54銭安い2万3629円34銭で終えた。
 
本日のマーケット動画
時間:00:01:02 容量:8.68M



過去のマーケット動画はこちら
 
前週末の米国株式市場ではダウ工業株30種平均が3日連続で過去最高値を更新した。東京市場もこの流れに乗り、日経平均は朝方、信越化など好業績銘柄への買いが優勢で、日上げ幅を150円超に広げた。
 
しかし、午後に入り、最近上昇が続いていた中国・上海株や香港株が軟調に推移し、東京市場でも主力株の一角に利益確定売りが出た。日経平均はマイナス圏で取引を終え、落ち着かない相場展開だった。

前週末に決算を発表し、好業績が確認された主力銘柄のファナックは値上がりした。とはいえ、寄り付きを高値に値を消す展開で、「好業績は織り込み済み」の地合いを示した形だ。株式市場は、上値の重さが意識されやすくなってきたようだ。
 
JPX日経インデックス400は小幅に4日続落。終値は前週末比0.35ポイント安の1万6637.12だった。東証株価指数(TOPIX)は同1.06ポイント高の1880.45と4営業日ぶりに小反発したが、上値の重さが目立った。
 
東証1部の売買代金はで2兆5939億円。売買高は13億2628万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は828と、全体の4割にとどまった。値上がりは1129、変わらずは102だった。
 
個別銘柄では、任天堂やソフトバンク、コマツが安い。野村傘下の損害保険会社を買収すると伝わった楽天は買い先行後、下げに転じて終えた。受注工事残高が1年前に比べて減った大東建は大幅安。資生堂が下落した。王子HDやJR東日本がさえない。ファーストリテは、三井住友、野村は弱含んだ。
一方でトヨタやスズキ、JXTG、第一三共は上げた。三菱商、三井物、信越化が、ファナック、東エレク、日本電産は買い優勢で、トヨタが締まった。
 
東証2部株価指数は前週末比12.88ポイント高の7668.50ポイントと4日ぶり反発した。値上がり銘柄数は267、値下がり銘柄数は208となった。
 
個別では、オリジナル設計、大和自動車交通、アシードホールディングスがストップ高。三井金属エンジニアリング、SYSKEN、福留ハム、マックスバリュ東北など44銘柄は昨年来高値を更新。三光合成、三社電機製作所、栗林商船が買われた。
 
一方、富士通コンポーネント、セブンシーズホールディングス、アクロディア、サイバーステップが売られた。




 








 

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。