2015年1月からNISA制度はどのように変わる?

2014年からスタートしたNISA(少額投資非課税制度)ですが、制度が始まってからもより使い勝手のよい制度になるよう検討されています。 たとえば、これまでNISA口座を開設した後は、決められたタイミングでしか金融機関を変更することができませんでした。 しかし、2015年からは毎年、金融機関が変更できるようになります。
現行のルールでは、NISA口座を開設すると2017年までの4年間は金融機関を変更することができませんでしたが、この制度の変更により、 2015年以降、毎年金融機関を変更できるようになります。

また、2014年中にNISA口座を廃止された方でも、2015年から再度NISA口座を開設いただけるようになります。

NISA口座を他の金融機関に変更するには、NISA口座を開設している金融機関に対し「変更届出書」を提出し、 その金融機関から「廃止通知書」を受け取ります。そして、新たにNISA口座を開設する金融機関に「口座開設届出書」と「廃止通知書」を 提出し、NISA口座開設手続きを行ないます。

ただし、金融機関を変更する際に気をつけたいことは、ロールオーバーです。NISAでは5年の非課税期間が終了した後など、 その翌年の枠に移管(ロールオーバー)することで保有期間を延ばすことができますが、ロールオーバーは、同一の金融機関同士でしかできません。 よって、当初NISA口座を開設した金融機関から別の金融機関に変更した場合には、ロールオーバーの権利を放棄したことになります。

参考になる株式情報サイト、もっと知りたい方に
「株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得」の特集 「NISA特集」にアクセス!



シリーズ記事

人気のコラム アクセスランキング
【1位】
花粉が今年もヤバイ!シーズンに突入
【2位】
花粉症に朗報!『花粉を水に変えるマスク』
【3位】
確定申告 税制上の主な変更点をチェック(平成29年分)

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!
ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。