NISAってそもそも何だっけ?

NISAというのは2014年1月からスタートした少額投資非課税口座のことです。

イギリスのISA(Individual Saving Account)をモデルとして作られた仕組みで、「日本版(Nippon)ISA」ということでNISAと呼ばれています。「にーさ」と読んでいます。

NISAの大きな特徴は、年間100万円までの範囲であれば、どれだけ投資で儲かっても、非課税になるということです。通常は、運用で得た収益は20%課税されます(復興特別税を加えると20.315%)。超低金利といわれる預貯金についても、実はしっかり20%引かれています。10円ようやく利息がついても手元に残るのは8円という具合です。

投資がうまくいった場合、預貯金より収益率は高くなるため、税金も多くなります。たとえば、30万円を投資して10%値上がりし、3万円儲かったとします。もし通常の投資であれば、課税されるため23905円しか手元に残りません。ところがNISAであれば3万円がそのまま手元に残ることになります(どちらも別途、売却時の手数料が生じます)。

まずは「NISAは運用で儲かった分が非課税となる」と覚えておきましょう。

参考になる株式情報サイト、もっと知りたい方に
「株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得」の特集 「話題のNISAって?」にアクセス!



シリーズ記事

人気のコラム アクセスランキング
【1位】
花粉が今年もヤバイ!シーズンに突入
【2位】
花粉症に朗報!『花粉を水に変えるマスク』
【3位】
確定申告 税制上の主な変更点をチェック(平成29年分)

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!
ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。