「NISA(少額投資非課税制度)」の利用が低迷している?

NISAは、株式など金融商品にかかる税金が、年間100万円まで非課税になるという制度。一般家庭の資産を貯蓄ではなく「投資」へと促す狙いで、今年1月にスタート。

ところが、金融庁が6月末までのNISAの利用状況をまとめたところ、開設されたNISA口座の総数は727万に達したが、実際に利用されているのは約3割程度。 また、利用枠という観点でも、総額7兆2736億円のうち、利用されているのは1兆5631億円にとどまっている。

どうしてNISAの利用は低迷しているのだろうか。何らかの制度上の問題でもあるのでしょうか!

●利用者の8割が「50歳以上」
「たしかに現行のNISAには、いくつか制度上の問題点があります。しかし、普及していないのはそれらが原因ではありません」

金融庁の調査によると、NISAの買付額は50歳以上が79.9%を占めています。 20〜30代の若者は利用者全体の9.1%にすぎません。つまりNISAは、株式投資に慣れた中高年層を引きつけている一方で、若者には人気がない状況なのです。

参考になる株式情報サイト、もっと知りたい方に
「株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得」の特集 「話題のNISAって?」にアクセス!



シリーズ記事

人気のコラム アクセスランキング
【1位】
自分に関係のあった企業・業界の見直しを
【2位】
手持ち資金で複数買える 「お手ごろ株」
【3位】
「割安株と成長株」どう違い、どう選ぶ

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。