2015年からNISA口座廃止後の再開設が可能になる

現行制度では、NISA口座をいちど廃止すると、同一設定勘定期間には再開設ができません。

勘定設定期間とは「2014〜2017年」「2018〜2021年」「2022〜2023年」の3つのことで、この3つの期間ごとのあいだ(ハザマ)にしか再開設は認められていませんでした。

しかし、税制改正によって、2015年からはNISA口座廃止後の同一設定勘定期間での再開設が認められるようになります。

多くないケースだと思いますが、出国する際にNISA口座を廃止後、帰国してから再度NISAを利用したいというようなパターンに対応するための制度変更です。

NISA口座での買付がなければその年から、買付があれば翌年から再開設ができるようになります。

ちなみに、再開設する場合は、再度の住民票の提出は不要です。

明日は「NISA口座廃止と再開設のフロー

参考になる株式情報サイト、もっと知りたい方に
「株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得」の特集 「話題のNISAって?」にアクセス!



シリーズ記事

人気のコラム アクセスランキング
【1位】
まだ続く値上げに、家計は悲鳴
【2位】
転落事故防ぐホームドア
【3位】
新たなチャレンジを生み出す看板政策

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち


株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。