NISAを利用して購入した金融商品の売却方法

NISAで購入した金融商品については、原則としていつでも売却することができます。

購入した株式が翌日に大きく値上がりし利益を確定したければ、すぐに売却することも可能です。

いつでも売却できる、ということは何かお金が必要になったとき、すぐに現金化できるということです。

一定期間あるいは一定の年数解約できないような制度も少なくないのですが、NISAについては売却可能な期間について制限はありません。

※個別の金融商品によって売却や資金の受け渡しに日数が生じることがあります。

さて、売却時に利益が生じた場合、通常は、その譲渡益(※)について20%の課税がなされます。

しかしNISA口座で購入した株式投信・上場株式等の売却益や分配金・配当金等については、5年間非課税で利益をそのまま全額受け取ることができます。文字通り、どんなに儲かっても「非課税」です。これはとても大きな税制優遇措置です。

※譲渡益:有価証券、土地等の資産の価格変動に伴って生じる売買差益(別名:キャピタルゲイン)のこと。利子・配当等のインカムゲインと対比される。

ただし、注意点がいくつかあります。

NISAの税制優遇を得るチャンスは「売却を一度行えば終了」ということです。

(例)2014年に100万円投資し、同年のうちに120万円まで順調に値上がりしたと仮定。
このとき、一部又は、全部を売却した場合
2014年分の「100万円のNISA枠」を再度利用することはできません。
まだ2014年だからといっても、何度も100万円の非課税投資枠が復活するわけではありません。
また、売却した商品がその後さらに値上がりした場合も、既に利益確定してしまったわけですから、非課税のメリットを取り逃したということになります。

つまり、売却するチャンスは慎重に選ばなければなりません。

売却益非課税の期限は投資をした年から5年目の年末ですから、それまでの間で売却をするタイミングを考えていくことになります。

参考になる株式情報サイト、もっと知りたい方に
「株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得」の特集 「話題のNISAって?」にアクセス!



シリーズ記事

人気のコラム アクセスランキング
【1位】
花粉が今年もヤバイ!シーズンに突入
【2位】
花粉症に朗報!『花粉を水に変えるマスク』
【3位】
確定申告 税制上の主な変更点をチェック(平成29年分)

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!
ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。