NISAで購入した金融商品の繰り越し(ロールオーバー)

ロールオーバーができる額は、評価額で最大100万円までです。

はじめの非課税期間5年が終わるときに評価額で100万円を超えている分は、課税口座(特定口座・一般口座)に移すか、売却する必要があります。

ロールオーバーの例で説明します。
<例>
2014年に投資した50万円が2018年の年末に80万円に増えた場合
利益確定せず、2019年のNISA枠に20万円追加(※)し、さらなる非課税メリットを追求することができます。
※ロールオーバーできるのは100万円の非課税投資枠に収まる分に限られます。
※50万円しか投資していませんが、評価額が80万円に増えているため、2019年に投資できる残りの金額は100万円−80万円=20万円です。


<例>
2014年に投資した100万円が2018年末に100万円を超えて評価額130万円に増えた場合
ロールオーバーできるのは、100万円の非課税枠に収まる金額に限られます。
30万円分は売却するか、保有し続けるなら特定口座、一般口座などの課税口座に移します。
100万円→130万円 30万円→売却か、課税口座に移す。
100万円→ロールオーバーしてNISA口座で継続して運用する。
NISAについては「売却」のタイミングを考えていくことが重要になってきます。

中長期的な視点で、資産を増やす方法を考えてみてください。

参考になる株式情報サイト、もっと知りたい方に
「株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得」の特集 「話題のNISAって?」にアクセス!



シリーズ記事

人気のコラム アクセスランキング
【1位】
自分に関係のあった企業・業界の見直しを
【2位】
手持ち資金で複数買える 「お手ごろ株」
【3位】
「割安株と成長株」どう違い、どう選ぶ

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。