御存知ですよね!NISAのデメリット

他の口座との損益通算ができない。 いろいろな株式を売却すれば、儲ける株も、損をする株も出てきます。通常はプラス、マイナスを合算して、1年間の利益に対して課税されます。NISAの口座で儲けていれば、どうせ非課税なのでいいのですが、NISAの口座で損をした場合、通常口座で儲けた分と合算したいのですが、それができません。

3年間の繰越控除は使えません。 上場株式、公募株式投資信託の売却で損ができたときは、翌年以降の儲けと合算できるのですが、それもできません。

NISA口座は1人1口座に限られます。
ただし口座を開設して4年が過ぎると、他の金融機関に開設できます。

参考になる株式情報サイト、もっと知りたい方に
「株式投資のイロハ! Eimei for スゴ得」の特集 「話題のNISAって?」にアクセス!



シリーズ記事

人気のコラム アクセスランキング
【1位】
自分に関係のあった企業・業界の見直しを
【2位】
手持ち資金で複数買える 「お手ごろ株」
【3位】
「割安株と成長株」どう違い、どう選ぶ

マイページ登録

マイページ登録で簡単アクセス!

ビジネス 健康 生活
マネー 株主優待 ふるさと納税
株式基礎講座 確定申告 NISA


企業TOPとのインタビュー動画など盛りだくさん


きらりとひかる 上場企業のなでしこたち

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。