櫻井英明袋とじ
稼 足 銘 柄
キャピタル・アセット・プランニング (3965) JASDAQスタンダード
■株式データ
株価4,495円(02月01日終値) 
単元株数 100株
時価総額 約117億円
 
■会社概要
金融機関向け資産管理プラットフォームの提供。保守運用・コンサルティング事業。
金融リテールビジネスの業務プロセスを適化するためのシステムを開発・提供することを企業ミッションとする。同社には、システム開発事業というセグメントがある。システム開発事業において、同社はライフプランシステム、エステートプランシステム、設計書システム、申込書システム及び生命保険申込手続時ペーパーレスシステム等フロントエンドシステムを開発・提供する。
 
■業績動向
11月10日に決算を発表。17年9月期の経常利益(非連結)は前の期比31.3%増の3.2億円に伸び、18年9月期も前期比31.5%増の4.3億円に拡大を見込み、4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増収、増益になる。
 
同時に、従来未定としていた前期の期末一括配当を23円実施するとし、今期も前期比7円増の30円に増配する方針とした。
 
直近3ヵ月の実績である7-9月期(4Q)の経常利益は前年同期比2.0倍の2.8億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の9.5%→17.3%に急改善した。
 
■決算発表予定日  2018/02/09
 
■ポイント
相続マーケットへのコンサルティングビジネスを拡大。18.9期は2桁増益見通し。使用料課金ビジネスの拡大などを見込む。生命保険会社向けは堅調続く公算。今期業績計画は評価でき、業績期待による株価上昇は継続か。

■チャート
チャート出典:ストックウェザー株式会社
 
ぱど (4833) JASDAQグロース
■株式データ
株価889円(02月01日終値)
単元株数 100株
時価総額 約159億円
 
■会社概要
無料情報誌大手。ウェブとの連携に力。デジタル事業の拡大図る。RIZAP傘下。
地域密着型無料宅配情報誌ぱどの編集・発行、折り込みチラシの併配、Webサイトの運営、アプリケーション・サービス・プロバイダー(ASP)サービスの提供等を主な事業の内容とする。
 
■業績動向
11月13日に決算を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は600万円の黒字(前年同期は1億6000万円の赤字)に浮上し、通期計画の2億2000万円に対する進捗率は2.7%となった。
 
会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づく試算では10-3月期(下期)の連結経常損益は2億1400万円の黒字(前年同期は1億7800万円の赤字)に浮上する計算になる。
直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は1億1800万円の黒字(前年同期は4400万円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-2.3%→6.6%に急改善した。
 
■決算発表予定日  2018/02/13
 
■ポイント
営業組織の強化に加え、従来の家庭ポスティング型、富裕層向けの「AFFLUENT」や、シニア世代向けの「ぐらんぱど」のようなターゲットを明確にした媒体の発行とエリア拡大、成果未達の際には全額返金を行う反響コミット求人広告モデルの実施など、RIZAPグループ各社の商品を扱った読者向けにプレゼント企画による注目度向上というような、クライアントと読者をつなぐ多くの施策を実行した。
また、2017年8月より人材派遣・人材紹介事業を開始し、広告に加えて、よりダイレクトにクライアントと求職者をつなぐことができるビジネスモデルの確立にも取り組んでいる。

■チャート
チャート出典:ストックウェザー株式会社
 
スターティア (3393) 東証1部
■株式データ
株価1,132円(02月01日終値)  
単元株数100株
時価総額 約113億円
 
■会社概要
IT関連機器を販売。電子書籍作成ソフト事業が成長。ネット接続回線受付も。
中堅・中小企業を主力顧客とし、ビジネスホン、複合機、ネットワーク機器などの情報通信機器の販売、インターネット回線の取次ぎサービス、クラウド関連サービスの提供、ホームページ制作やコンテンツの提供、オフィス家具の販売等、事業活動に必要な環境を複合商材とするトータルオフィスソリューションの提供を行う
 
■業績動向
12月29日に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の1億円→2億7000万円(前期は2億8500万円)に2.7倍上方修正し、減益率が64.9%減→5.3%減に縮小する見通しとなった。
 
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づく試算では10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の1億3500万円の赤字→3500万円の黒字(前年同期は3億9500万円の黒字)に増額し、一転して黒字に浮上する計算になる。
 
■決算発表予定日  2018/02/14
 
■ポイント
株価は実質12年ぶりの水準を回復。大発会ストップ高銘柄。ITインフラ関連事業は黒字転換。18.3期2Qは経常黒字に転換した。
同社は15日、新サービス「ビジ助」の提供を同日より開始すると発表した。
「ビジ助」では、ビジネス上で役立つサービスを総合して提供していく。お客様が利用するPCなどの電子機器やソフトウエアの全面サポートを中心に、紙やオフィス用品を特別価格で提供する他、Webマーケティング関連の売上向上に繋がるサービス等計16種をパッケージにし、月額5800円での提供となる。今後は、コミュニティサイト「ビジ助チャンネル」を開設し、 新サービスや情報を更新予定とのこと

 ■チャート
チャート出典:ストックウェザー株式会社

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。