櫻井英明の稼足銘柄
クレオ(9698)東証JASDAQ
■株式データ
株価1,030円(10月31日終値) 
単元株数100株
時価総額 約89億円
 
■会社概要
ソフト開発中堅。受託開発とERP販売が柱。「筆まめ」売却。法人向けに特化
法人向けシステム開発受託とERP販売を展開するが、同分野で培ったノウハウをRPAソリューションにも生かしている。クレオマーケティング事業は、ZeeM/CBMS製品等の基幹系・情報系業務ソリューションから、組み込み系ソフトウェアまで、トータル情報通信技術(ICT)ソリューションの開発・提供に従事する。クレオソリューション事業は、システムやネットワークの構築から、各種業務アプリケーションの開発を行う。クレオネットワークス事業は、ICT基盤サービスプラットフォームとメディアプラットフォームの提供を行う。クリエイトラボ事業はヘルプデスクなどを中心としたサポート・サービスを行う。
 
■業績動向
7月31日に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は700万円の黒字(前年同期は1億1100万円の赤字)に浮上し、4-9月期(上期)計画の5000万円に対する進捗率は14.0%となった。
 
直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の-4.5%→0.1%に大幅改善した。
 
■決算発表予定日  2018/10/30
 
■ポイント
同社は法人向けに特化したシステム開発受託を手掛け、ERPソフトの販売のほか、ここ急速に市場が拡大するRPA分野にも注力している。
RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を活用したRPAサービスを展開し市場開拓を進めている。19年3月期営業利益は前期比4割増の5億7000万円予想だがさらなる上方修正の可能性がある。
  
■チャート


株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。