[3698]CRI・ミドルウェア
[07月10日更新]

CRI・ミドルウェアは反発の動き、19年9月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想だが、第2四半期累計は計画超の大幅増益だった。通期利益予想にも上振れ余地がありそうだ。Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長も期待される。株価は反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。

■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。

 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。なおゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年9月末時点で累計4577となった。

 重点戦略として、スマホゲーム分野は中国におけるブランド認知度向上やシェア拡大を推進するとともに、新規注力分野としてWeb動画、監視カメラ、映像配信、車載分野などへの展開を推進している。

 18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本・業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。19年3月にはGoogleの新世代ゲームプラットフォーム「Stadia」に対応した各種ミドルウェアを提供開始した。19年5月には中国に子会社を設立した。

■19年9月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、研究開発体制の整備や中国市場でのシェア獲得など、中期成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比31.9%増の9億28百万円、営業利益が70.8%増の2億12百万円、経常利益が68.0%増の2億13百万円、純利益が64.2%増の1億46百万円だった。

 計画超の大幅増益だった。組込分野(23.7減収)は遊技機向けが低調だが、主力のゲーム分野(12.6%増収)でミドルウェア「CRIWARE」のスマホ向け国内ライセンス売上が伸長した。医療・ヘルスケア分野(3.1倍増収)はクリニック向け大型開発案件が寄与した。新規分野(87.2%増収)はWEB動画ミドルウェアや動画向けソリューションが監視カメラ向けを中心に伸長し、アプリ開発案件も寄与した。また前期第4四半期から新規連結したウェブテクノロジも売上増に寄与した。

 四半期別に見ると、新規分野のアプリ開発案件が第1四半期で完了し、医療・ヘルスケア分野で第2四半期に外注費が増加したことなどで、第2四半期は第1四半期比減益だった。こうしたことも考慮して通期会社予想を据え置いたが、上振れ余地がありそうだ。Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長も期待される。

 なお事業別売上高計画は第2四半期時点で修正し、ゲーム分野が5.5%増の9億95百万円、組み込み分野が19.0%減の3億05百万円、医療・ヘルスケア分野が77.5%増の2億円、新規分野が25.9%増の2億円、ウェブテクノロジが2億円としている。

■株価は反発の動き

 株価は反発の動きを強めている。調整一巡して出直りを期待したい。7月9日の終値は2413円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS59円44銭で算出)は約41倍、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS483円63銭で算出)は約5.0倍、時価総額は約122億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[06月21日更新]

CRI・ミドルウェアは売り一巡して反発期待、19年9月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想だが、第2四半期累計は計画超の大幅増益だった。通期利益予想にも上振れ余地がありそうだ。Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長も期待される。株価は安値圏だが売り一巡感を強めている。反発を期待したい。

■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。

 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。なおゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年9月末時点で累計4577となった。

 重点戦略として、スマホゲーム分野は中国におけるブランド認知度向上やシェア拡大を推進するとともに、新規注力分野としてWeb動画、監視カメラ、映像配信、車載分野などへの展開を推進している。

 18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本・業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。19年3月にはGoogleの新世代ゲームプラットフォーム「Stadia」に対応した各種ミドルウェアを提供開始した。19年5月には中国に子会社を設立した。

■19年9月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、研究開発体制の整備や中国市場でのシェア獲得など、中期成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比31.9%増の9億28百万円、営業利益が70.8%増の2億12百万円、経常利益が68.0%増の2億13百万円、純利益が64.2%増の1億46百万円だった。

 計画超の大幅増益だった。組込分野(23.7減収)は遊技機向けが落ち込んだが、主力のゲーム分野(12.6%増収)においてミドルウェア「CRIWARE」のスマホ向け国内ライセンス売上が伸長した。医療・ヘルスケア分野(3.1倍増収)はクリニック向け大型開発案件が寄与した。新規分野(87.2%増収)はWEB動画ミドルウェアや動画向けソリューションが監視カメラ向けを中心に伸長し、アプリ開発案件も寄与した。また前期第4四半期から新規連結したウェブテクノロジも売上増に寄与した。

 四半期別に見ると、新規分野のアプリ開発案件が第1四半期で完了し、医療・ヘルスケア分野で第2四半期に外注費が増加したことなどで、第2四半期は第1四半期比減益だった。こうしたことも考慮して通期会社予想を据え置いたが、上振れ余地がありそうだ。Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長も期待される。

 なお事業別売上高計画は第2四半期時点で修正し、ゲーム分野が5.5%増の9億95百万円、組み込み分野が19.0%減の3億05百万円、医療・ヘルスケア分野が77.5%増の2億円、新規分野が25.9%増の2億円、ウェブテクノロジが2億円としている。

■株価は売り一巡して反発期待

 株価は急落して安値圏だが売り一巡感を強めている。反発を期待したい。6月20日の終値は2222円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS59円44銭で算出)は約37倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS483円63銭で算出)は約4.6倍、時価総額は約113億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[04月15日更新]

CRI・ミドルウェアは上値試す、19年9月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想だが上振れ余地がありそうだ。Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長も期待される。株価は4月1日高値から反落したが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。なお5月9日に第2四半期決算発表を予定している。

■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。

 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。なおゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年9月末時点で累計4577となった。

 重点戦略として、スマホゲーム分野は中国におけるブランド認知度向上やシェア拡大を推進するとともに、新規注力分野としてWeb動画、監視カメラ、映像配信、車載分野などへの展開を推進している。

 18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本・業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。19年3月には中国に子会社を設立した。またGoogleの新世代ゲームプラットフォーム「Stadia」に対応した各種ミドルウェアを提供開始した。

■19年9月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、研究開発体制整備などの先行投資負担で利益横ばい予想としている。

 第1四半期は、売上高が前年同期比54.7%増の4億74百万円で、営業利益が8.0倍の1億35百万円、経常利益が7.8倍の1億38百万円、純利益が6.5倍の95百万円だった。主力の「CRIWARE」ライセンス売上が好調に推移して大幅増収増益だった。

 ゲーム分野は16.0%増収だった。国内ライセンス売上がスマホ向けを中心に好調だった。料金体系改定効果も寄与した。組み込み分野は18.9%増収だった。車載・家電・IoT関連が好調だった。医療・ヘルスケア分野は4.6倍増収だった。前期受注のクリニック向け大型開発案件が順調だった。前期第4四半期から新規連結したウェブテクノロジの売上も寄与した。

 通期の事業別売上高の計画は、ゲーム分野がスマホ向けや「Nintendo Switch」向けの拡販で4.5%増の9億85百万円、組み込み分野が業務用エンターテインメント機器関連の開発サイクルの影響で5.7%減の3億55百万円、医療・ヘルスケア分野がクリニック向け大型システム開発案件の継続受注で24.2%増の1億40百万円、新規分野がWeb動画ミドルウェアの新規契約や監視カメラ関連の提案強化で13.3%増の1億80百万円、ウェブテクノロジが2億40百万円としている。

 通期ベースでは、中国市場でのシェア獲得など中期成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想としているが、第1四半期が大幅増益だったことを考慮すれば、通期予想に上振れ余地がありそうだ。さらにWeb動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長も期待される。

■株価は上値試す

 株価は4月1日高値4320円から反落したが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。4月12日の終値は3465円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS60円55銭で算出)は約57倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS483円63銭で算出)は約7.2倍、時価総額は約175億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[03月08日更新]

CRI・ミドルウェアは自律調整一巡して上値試す、19年9月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想だが上振れ余地がありそうだ。Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速し、中期成長も期待される。株価は2月の昨年来高値から反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。

■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。

 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。なおゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年9月末時点で累計4577となった。

 重点戦略として、スマホゲーム分野は中国におけるブランド認知度向上やシェア拡大を推進するとともに、新規注力分野としてWeb動画、監視カメラ、映像配信、車載分野などへの展開を推進している。18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。また19年2月には中国に子会社を設立(19年3月予定)すると発表した。

■19年9月期利益横ばい予想だが上振れ余地

 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、研究開発体制整備などの先行投資負担で利益横ばい予想としている。

 第1四半期は、売上高が前年同期比54.7%増の4億74百万円で、営業利益が8.0倍の1億35百万円、経常利益が7.8倍の1億38百万円、純利益が6.5倍の95百万円だった。主力の「CRIWARE」ライセンス売上が好調に推移して大幅増収増益だった。

 ゲーム分野は16.0%増収だった。国内ライセンス売上がスマホ向けを中心に好調だった。料金体系改定効果も寄与した。組み込み分野は18.9%増収だった。車載・家電・IoT関連が好調だった。医療・ヘルスケア分野は4.6倍増収だった。前期受注のクリニック向け大型開発案件が順調だった。前期第4四半期から新規連結したウェブテクノロジの売上も寄与した。

 通期の事業別売上高の計画は、ゲーム分野がスマホ向けや「Nintendo Switch」向けの拡販で4.5%増の9億85百万円、組み込み分野が業務用エンターテインメント機器関連の開発サイクルの影響で5.7%減の3億55百万円、医療・ヘルスケア分野がクリニック向け大型システム開発案件の継続受注で24.2%増の1億40百万円、新規分野がWeb動画ミドルウェアの新規契約や監視カメラ関連の提案強化で13.3%増の1億80百万円、ウェブテクノロジが2億40百万円としている。

 通期ベースでは、中国市場でのシェア獲得など中期成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想としているが、第1四半期が大幅増益だったことを考慮すれば、通期予想に上振れ余地がありそうだ。さらにWeb動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速し、中期成長も期待される。

■株価は自律調整一巡して上値試す

 株価は2月18日の昨年来高値3950から反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。3月7日の終値は3480円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS60円55銭で算出)は約57倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS483円63銭で算出)は約7.2倍、時価総額は約173億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[02月14日更新]

CRI・ミドルウェアは昨年来高値更新、19年9月期利益横ばい予想だが1Q大幅増益で通期上振れ余地

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想だが、第1四半期は大幅増益だった。通期予想に上振れ余地がありそうだ。さらにWeb動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長期待が高まる。株価は急伸して昨年来高値更新の展開となった。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。

■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。

 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。なおゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年9月末時点で累計4577となった。

 重点戦略として、スマホゲーム分野は中国におけるブランド認知度向上やシェア拡大を推進するとともに、新規注力分野としてWeb動画、監視カメラ、映像配信、車載分野などへの展開を推進している。18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。また2月7日には中国に子会社を設立(19年3月予定)すると発表した。

■19年9月期利益横ばい予想だが1Q大幅増益で通期上振れ余地

 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、研究開発体制整備などの先行投資負担で利益横ばい予想としている。

 第1四半期は、売上高が前年同期比54.7%増の4億74百万円で、営業利益が8.0倍の1億35百万円、経常利益が7.8倍の1億38百万円、純利益が6.5倍の95百万円だった。主力の「CRIWARE」ライセンス売上が好調に推移して大幅増収増益だった。

 ゲーム分野は16.0%増収だった。国内ライセンス売上がスマホ向けを中心に好調だった。料金体系改定効果も寄与した。組み込み分野は18.9%増収だった。車載・家電・IoT関連が好調だった。医療・ヘルスケア分野は4.6倍増収だった。前期受注のクリニック向け大型開発案件が順調だった。前期第4四半期から新規連結したウェブテクノロジの売上も寄与した。

 通期の事業別売上高の計画は、ゲーム分野がスマホ向けや「Nintendo Switch」向けの拡販で4.5%増の9億85百万円、組み込み分野が業務用エンターテインメント機器関連の開発サイクルの影響で5.7%減の3億55百万円、医療・ヘルスケア分野がクリニック向け大型システム開発案件の継続受注で24.2%増の1億40百万円、新規分野がWeb動画ミドルウェアの新規契約や監視カメラ関連の提案強化で13.3%増の1億80百万円、ウェブテクノロジが2億40百万円としている。

 通期は、中国市場でのシェア獲得など中期成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想だが、第1四半期が大幅増益だったことを考慮すれば、通期予想に上振れ余地がありそうだ。さらにWeb動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長期待が高まる。

■株価は昨年来高値更新の展開

 株価は急伸して昨年来高値更新の展開となった。18年12月高値3450円を突破し、2月13日には3575円まで上伸した。自律調整を交えながら上値を試す展開が期待される。2月13日の終値は3520円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS60円55銭で算出)は約58倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS483円63銭で算出)は約7.3倍、時価総額は約175億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[01月17日更新]

CRI・ミドルウェアは自律調整一巡して上値試す、19年9月期利益横ばい予想だが中期成長期待

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は先行投資負担で利益横ばい予想だが、Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長期待が高まる。株価は12月の昨年来高値から一旦反落したが、自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。なお2月7日に第1四半期決算発表を予定している。

■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。

 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。なおゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年9月末時点で累計4577となった。

 重点戦略として、スマホゲーム分野は中国におけるブランド認知度向上やシェア拡大を推進するとともに、新規注力分野としてWeb動画、監視カメラ、映像配信、車載分野などへの展開を推進している。18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。

 また18年12月にはWeb動画ソリューション「LiveAct PRO」が、セブン&アイ・ホールディングス<3382>の総合通販サイト「オムニ7」に採用されたと発表している。

■19年9月期利益横ばい予想だが中期成長期待

 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、研究開発体制整備などの先行投資負担で利益横ばい予想としている。

 事業別売上高の計画は、ゲーム分野がスマホ向けや「Nintendo Switch」向けの拡販で4.5%増の9億85百万円、組み込み分野が業務用エンターテインメント機器関連の開発サイクルの影響で5.6%減の3億55百万円、医療・ヘルスケア分野がクリニック向け大型システム開発案件の継続受注で23.9%増の1億40百万円、新規分野がWeb動画ミドルウェアの新規契約や監視カメラ関連の提案強化で13.2%増の1億80百万円、ウェブテクノロジが2億40百万円としている。

 19年9月期は中期成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想だが、Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長期待が高まる。

■株価は自律調整一巡して上値試す

 株価は12月14日の昨年来高値3450円から一旦反落したが、2800円近辺から切り返している。自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。1月16日の終値は3120円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS60円66銭で算出)は約51倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS483円63銭で算出)は約6.5倍、時価総額は約155億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[12月20日更新]

CRI・ミドルウェアは年初来高値圏、19年9月期利益横ばい予想だが中期成長期待

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。19年9月期は成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想だが、Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長期待が高まる。株価は年初来高値圏だ。上値を試す展開が期待される。

■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。

 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。なおゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年9月末時点で累計4577となった。

 重点戦略として、スマホゲーム分野は中国におけるブランド認知度向上やシェア拡大を推進するとともに、新規注力分野としてWeb動画、監視カメラ、映像配信、車載分野などへの展開を推進している。18年3月にはイスラエルのTerafenceと資本業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。

 12月18日には、Web動画ソリューション「LiveAct PRO」が、セブン&アイ・ホールディングス<3382>の総合通販サイト「オムニ7」に採用されたと発表している。

■19年9月期利益横ばい予想だが中期成長期待

 19年9月期の連結業績予想は売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、研究開発体制整備などの先行投資負担で利益横ばい予想としている。

 事業別売上高の計画は、ゲーム分野がスマホ向けや「Nintendo Switch」向けの拡販で4.5%増の9億85百万円、組み込み分野が業務用エンターテインメント機器関連の開発サイクルの影響で5.6%減の3億55百万円、医療・ヘルスケア分野がクリニック向け大型システム開発案件の継続受注で23.9%増の1億40百万円、新規分野がWeb動画ミドルウェアの新規契約や監視カメラ関連の提案強化で13.2%増の1億80百万円、ウェブテクノロジが2億40百万円としている。

 19年9月期は成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想だが、Web動画や監視カメラ分野などへの事業展開を加速して中期成長期待が高まる。

■株価は年初来高値圏

 株価は10月高値3225円を突破し、12月14日に年初来高値となる3450円まで上伸した。上値を試す展開が期待される。12月19日の終値は3235円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS60円66銭で算出)は約53倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS483円63銭で算出)は約6.7倍、時価総額は約161億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[11月26日更新]

CRI・ミドルウェアは調整一巡して出直り期待、19年9月期利益横ばい予想

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は、音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。18年9月期はゲーム分野のスマホ向けの好調が牽引して計画超の大幅増収増益だった。19年9月期は成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想としているが、好業績を期待したい。株価は10月の年初来高値から反落したが、調整一巡して出直りを期待したい。

■ミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売

 音声と映像のミドルウェア「CRIWARE」を主力として開発・許諾販売している。音声・映像データを圧縮する技術、および優れた再生技術を強みとしている。

 18年9月期の事業分野別売上構成比は、ゲーム分野が58%、組み込み分野(遊戯機、家電、業務用機器、車載など)が23%、医療・ヘルスケア分野が7%、新規分野(動画圧縮、Web動画など)が10%、およびウェブテクノロジ(18年5月子会社化)が3%だった。なおゲーム分野における「CRIWARE」契約タイトル数は18年9月末時点で累計4577となった。

 重点戦略としてスマホゲーム分野の受注拡大を加速するとともに、新規注力分野としてWeb動画ミドルウェアや監視カメラ・映像配信・車載分野などへの展開を推進している。また18年3月イスラエルのTerafenceと資本業務提携し、IoTサイバーセキュリティソリューションの海外展開を開始した。

■18年9月期は計画超の大幅増収増益、19年9月期は利益横ばい予想

 18年9月期連結業績は、売上高が17年9月期比30.4%増の16億41百万円、営業利益が3.4倍の4億01百万円、経常利益が3.4倍の4億13百万円、純利益が3.6倍の2億84百万円だった。

 ゲーム分野におけるスマホ向けライセンス契約の好調が牽引して計画超の大幅増収増益だった。ゲーム分野で19年9月期に予定していた大手顧客向け一括ライセンス契約が18年9月期にスライドしたこと、組み込み分野で音響機器向け開発案件を受注したこと、医療・ヘルスケア分野で第4四半期に既存顧客からクリニック向け大型システム開発案件を受注したこと、そして第4四半期からウェブテクノロジを新規連結したことも寄与した。

 19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比15.8%増の19億円、営業利益が2.1%増の4億10百万円、経常利益が1.5%増の4億20百万円、純利益が2.4%増の2億91百万円としている。スマホ向けが好調に推移し、ウェブテクノロジの通期連結も寄与して2桁増収だが、先行投資負担で利益は横ばい予想としている。

 事業別売上高の計画は、ゲーム分野がスマホ向けや「Nintendo Switch」向けの拡販で4.5%増の9億85百万円、組み込み分野が業務用エンターテインメント機器関連の開発サイクルの影響で5.6%減の3億55百万円、医療・ヘルスケア分野がクリニック向け大型システム開発案件の継続受注で23.9%増の1億40百万円、新規分野がWeb動画ミドルウェアの新規契約や監視カメラ関連の提案強化で13.2%増の1億80百万円、ウェブテクノロジが2億40百万円としている。

 19年9月期は成長に向けた先行投資負担で利益横ばい予想としているが、好業績を期待したい。

■株価は調整一巡して出直り期待

 株価は10月の年初来高値3225円から反落したが、2400円近辺から切り返して調整一巡感を強めている。11月22日の終値は2618円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS60円66銭で算出)は約43倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS483円63銭で算出)は約5.4倍、時価総額は約130億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線近辺から切り返してサポートラインを確認した形だ。調整一巡して出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[10月06日更新]

CRI・ミドルウェアはほぼ底値圏、中期成長力を見直し

 CRI・ミドルウェア[3698](東マ)はゲーム開発などを支援するミドルウェア「CRIWARE」を開発・ライセンス販売している。株価はIPO人気離散後の軟調展開が続いたが1200円近辺で下げ渋る動きだ。上場来高値6773円から2割弱の水準まで調整してほぼ底値圏だろう。中期成長力を見直す動きが強まりそうだ。なお11月12日に15年9月期の決算発表を予定している。

■ゲーム・遊技機分野を中心にミドルウェアをライセンス販売

 ゲーム開発などを支援するミドルウェアの開発およびライセンス販売を展開している。音声・映像関連に特化した製品ブランド「CRIWARE」でゲーム分野や遊技機分野を中心に展開している。

 国内唯一の音声・映像ミドルウェア開発企業で、当社のミドルウェア「CRIWARE」を採用したアプリの増加に伴ってライセンス収入が増加するストック型ビジネスモデルだ。

 ミドルウェアというのは、ハードウェアやOS(基本ソフト)と、アプリケーションソフトウェアとの中間(ミドル)に位置するソフトウェアのことである。ハードウェアやOSの特性を押さえながら違いを吸収し、その上で実行されるアプリケーションの動作や開発をスムーズにする。

■「CRIWARE」採用実績は世界で3000タイトル突破

 当社の「CRIWARE」は、独自開発(特許取得)した音声・映像圧縮フォーマットで著作権対象コンテンツなどの音声・映像データを保護する、複数のハードウェアやOSに共通の開発環境でスマートフォンやゲーム機といったアプリケーションのマルチプラットフォーム開発を容易にする、などの強みを特徴としている。

 ゲーム分野ではゲーム・アプリ開発事業者向けに、統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX2」、高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec2」、ファイル圧縮・バッキングミドルウェア「ファイルマジックPRO」などを主力製品としている。

 主要なゲーム開発会社に採用され、全世界での「CRIWARE」採用実績は15年4月現在で3000タイトルを突破している。1990年代には家庭用ゲーム分野で当社の「CRIWARE」がデファクトスタンダードとなり、最近ではスマートフォンゲーム開発においても採用が増加基調である。

 なお15年9月期第3四半期における「CRIWARE」採用率は、スマートフォンゲーム(アプリランキング上位100社における「CRIWARE」採用アプリ数の割合)で約16%、家庭用ゲーム(14年10月〜15年3月発売の上位126タイトルにおける「CRIWARE」採用ゲーム数の割合)で約30%となっている。

 遊技機分野では、遊技機向けプラットフォームに特化して、高音質・高機能サウンドミドルウェア「CRI ADX7」、高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec7」などを主力製品としている。なお遊技機メーカーにミドルウェアを提供するだけでなく、遊戯機向けのチップ・ボードを製造するハードウェアメーカーにも提供し、特定メーカー向けにミドルウェアをカスタマイズする受託開発業務も行っている。

■中期成長に向けて新規分野に積極展開、アライアンスも活用

 中期成長に向けて、アライアンス戦略も活用しながら、新技術開発、海外展開、さらにスマートフォン動画広告市場や医療タブレットソリューション市場など新規事業分野への展開を加速する方針だ。

 新規分野としては、家電や業務用機器で音声や映像インターフェースが必要とされる分野、ライブ中継や動画配信などネットワークを活用した映像配信分野、さらに医療・ヘルスケア分野でのクリニック向け予約システム開発や製薬MR向けiPadソリューションなど医療タブレットソリューション市場への事業展開を開始している。

 14年9月には「CRIWARE」が、ゲーム史上最高と言われる制作費5億ドルの超大作アクションシューティング「Destiny」(Bungie開発、Activisionパブリッシング)に採用された。ムービーシーンの高画質再生を実現して映像美をサポートする。これを機に米国からの引き合いも増加しているため、今後は海外展開も強化する方針だ。

 15年6月には在宅医療向けソリューションで、慶應義塾大学医学部が行う「在宅医療支援プログラム」構築プロジェクトに参画した。エンターテインメント業界で培った音声・映像・通信技術を活用して、患者、訪問医、病院間の連携をタブレットソリューションで支援する。

 15年7月には、Androidアプリ開発のボトルネックとなっていた音ズレ(音声再生遅延)を解決する「Android音声再生遅延推測機能」を「CRIWARE」に搭載した。音楽とゲーム描画のズレを自動補正するスマートフォンゲームの開発が可能になる。

 15年8月には、スマートフォンゲーム業界向け「CRIWARE」の知名度向上や販売強化を目的として「CRIWAREアンバサダー・プログラム」をスタートし、アドウェイズ<2489>およびエクストリーム<6033>と提携した。

 提携する企業が「CRIWAREアンバサダー」となって、スマートフォンゲームの開発会社やプロジェクトチームに「CRIWARE」の紹介を行うプログラムだ。提携企業のサービスと「CRIWARE」を組み合わせて、顧客が抱える課題に対して、より強力に解決策を提案することが可能になる。また販路拡大に加えて、将来的にはスマートフォン広告市場向けに「CRIWARE」を活用することも検討する。

 また9月17日には超高速・高精度な楽曲解析を実現するCRIWAREの新製品「BEATWIZ(ビートウィズ)」発売を発表した。

■16年9月期も増収増益基調

 前期(15年9月期)の連結業績予想(11月27日公表)は売上高が前々期比12.3%増の12億86百万円、営業利益が同20.4%増の2億59百万円、経常利益が同11.8%増の2億48百万円、純利益が同10.2%増の1億56百万円としている。配当予想は無配継続としている。

 主力のゲーム分野が順調に推移して増収増益予想だ。分野別売上高の計画については、ゲーム分野(スマホ含む)が同27.9%増の7億20百万円、遊技機分野が同13.6%減の3億80百万円、新規分野が同31.2%増の1億85百万円としている。

 第3四半期累計(10月〜6月)の連結業績は売上高が前年同期比3.3%増の8億32百万円、営業利益が同12.8%減の1億50百万円、経常利益が同16.8%減の1億46百万円、純利益が同24.0%減の88百万円だった。

 売上原価における外注費の増加、販管費における人件費の増加などで営業減益だったが、売上面では主力のゲーム分野が順調に推移しているようだ。なお売上総利益率は61.9%で同3.0ポイント低下、販管費比率は43.9%で同0.3ポイント上昇した。また営業外収益では為替差益が増加し、営業外費用では上場関連費用を計上している。

 分野別売上高は、ゲーム分野(スマホ含む)が同19.3%増の4億66百万円、遊技機分野が同21.0%減の2億56百万円、新規分野が同21.5%増の1億09百万円だった。

 ゲーム分野では「CRIWARE」の新規採用数が合計212(スマートフォンアプリ97、家庭用ゲーム106、その他9)と順調に増加した。特にスマートフォン向けは、ランキング上位の人気タイトルの採用が拡大しているようだ。また家庭用ゲーム機向けミドルウェアは、数多くの有力なゲーム開発会社に継続的に採用されているため、市場が縮小する中でもライセンス売上は堅調に推移した。

 遊技機分野では、昨年の型式試験の運用変更や自主規制などの影響もあり、開発投資の先送りや新規遊技機の出荷減少など厳しい市場環境が続いているようだ。ただし当社のミドルウェアは開発効率化や演出表現リッチ化のニーズを捉えているため、中期的スパンでのシェア拡大余地は大きいとしている。また新規分野では、医療・ヘルスケア分野でタブレットソリューションの提案・導入が進み、クリニック向け予約システム構築などが順調に拡大したようだ。

 四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期(10月〜12月)2億89百万円、第2四半期(1月〜3月)3億11百万円、第3四半期(4月〜6月)2億32百万円、営業利益は第1四半期67百万円、第2四半期71百万円、第3四半期12百万円だった。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が64.7%、営業利益が57.9%、経常利益が58.9%、純利益が56.4%である。やや低水準のため通期下振れにも注意が必要だが、主力のゲーム分野が好調に推移し、ストック型収益の積み上げで第4四半期(7月〜9月)の挽回が期待される。

 また今期(16年9月期)は、ゲーム分野における「CRIWARE」の新規採用数が順調に増加し、さらに新規分野への積極展開も寄与して増収増益基調が予想される。

■株価は軟調展開だがほぼ底値圏

 株価の動き(15年4月1日付で株式3分割)を見ると、IPO人気離散後の軟調展開が続いている。8月25日の1212円から一旦は1400円台まで反発する場面があったが、10月2日には1185円まで下押す場面があった。ただし終値では1200円台を維持している。ほぼ底値圏だろう。

 10月5日の終値1259円を指標面で見ると、前期推定連結PER(会社予想連結EPS36円75銭で算出)は34〜35倍近辺、実績PBR(15年9月期第3四半期末実績の連結BPS323円92銭で算出)は3.9倍近辺である。なお時価総額は約54億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線が戻りを押さえる形だが1200円近辺で下げ渋る動きだ。また日足チャートで見ると25日移動平均線が横向きに転じ始めている。14年12月IPO直後の上場来高値6773円から2割弱の水準まで調整してほぼ底値圏だろう。中期成長力を見直して反発展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[09月03日更新]

CRI・ミドルウェアはほぼ底値圏、中期成長力を見直し

 CRI・ミドルウェア[3698](東マ)はゲーム開発などを支援するミドルウェア「CRIWARE」を開発・許諾販売している。株価は地合い悪化も影響して8月25日の上場来安値1212円まで急落したが、その後は売り一巡感を強めている。IPO直後の上場来高値から2割の水準まで調整してほぼ底値圏だろう。中期成長力を見直して反発展開が期待される。

■ゲーム・遊技機分野を中心にミドルウェアを許諾販売

 01年8月CSK総合研究所の100%子会社としてシーアールアイ・ミドルウェア設立、04年5月当社役員・従業員によるEBOの形で親会社から独立、05年1月現CRI・ミドルウェアに商号変更、14年11月東証マザーズに新規上場した。

 ゲーム開発などを支援するミドルウェアの開発および許諾販売を展開している。音声・映像関連に特化したミドルウェアを、製品ブランド「CRIWARE」として、特にゲーム分野や遊技機分野を中心に展開している。

 国内唯一の音声・映像ミドルウェア開発企業で、当社のミドルウェア「CRIWARE」を採用したアプリの増加に伴って許諾料収入が増加するストック型ビジネスモデルだ。

 ミドルウェアというのは、ハードウェアやOS(基本ソフト)と、アプリケーションソフトウェアとの中間(ミドル)に位置するソフトウェアのことである。ハードウェアやOSの特性を押さえながら違いを吸収し、その上で実行されるアプリケーションの動作や開発をスムーズにする。

■「CRIWARE」採用実績は世界で3000タイトル突破

 当社の「CRIWARE」は、独自開発(特許取得)した音声・映像圧縮フォーマットで著作権対象コンテンツなどの音声・映像データを保護する、複数のハードウェアやOSに共通の開発環境でスマートフォンやゲーム機といったアプリケーションのマルチプラットフォーム開発を容易にする、などの強みを特徴としている。

 ゲーム分野ではゲーム・アプリ開発事業者向けに、統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX2」、高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec2」、ファイル圧縮・バッキングミドルウェア「ファイルマジックPRO」などを主力製品としている。

 主要なゲーム開発会社に採用され、全世界での「CRIWARE」採用実績は15年4月現在で3000タイトルを突破した。1990年代には家庭用ゲーム分野で当社の「CRIWARE」がデファクトスタンダードとなり、最近ではスマートフォンゲーム開発においても採用が増加基調である。

 なお15年9月期第3四半期における「CRIWARE」採用率は、スマートフォンゲーム(アプリランキング上位100社における「CRIWARE」採用アプリ数の割合)で約16%、家庭用ゲーム(14年10月〜15年3月発売の上位126タイトルにおける「CRIWARE」採用ゲーム数の割合)で約30%となっている。

 遊技機分野では、遊技機向けプラットフォームに特化して、高音質・高機能サウンドミドルウェア「CRI ADX7」、高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec7」などを主力製品としている。なお遊技機メーカーにミドルウェアを提供するだけでなく、遊戯機向けのチップ・ボードを製造するハードウェアメーカーにも提供し、特定メーカー向けにミドルウェアをカスタマイズする受託開発業務も行っている。

 新規分野としては、家電や業務用機器で音声や映像インターフェースが必要とされる分野、ライブ中継や動画配信などネットワークを活用した映像配信分野、さらに医療・ヘルスケア分野でのクリニック向け予約システム開発や製薬MR向けiPadソリューションなど医療タブレットソリューション市場への事業展開を開始している。

■中期成長に向けてアライアンスも活用

 中期成長に向けて、アライアンス戦略も活用しながら、新技術開発、海外展開、さらにスマートフォン動画広告市場や医療タブレットソリューション市場など新規事業分野への展開を加速する方針だ。

 14年9月には「CRIWARE」が、ゲーム史上最高と言われる制作費5億ドルの超大作アクションシューティング「Destiny」(Bungie開発、Activisionパブリッシング)に採用された。ムービーシーンの高画質再生を実現して映像美をサポートする。これを機に米国からの引き合いも増加しているため、今後は海外展開も強化する方針だ。

 15年6月には在宅医療向けソリューションで、慶應義塾大学医学部が行う「在宅医療支援プログラム」構築プロジェクトに参画した。エンターテインメント業界で培った音声・映像・通信技術を活用して、患者、訪問医、病院間の連携をタブレットソリューションで支援する。

 15年7月には、Androidアプリ開発のボトルネックとなっていた音ズレ(音声再生遅延)を解決する「Android音声再生遅延推測機能」を「CRIWARE」に搭載した。音楽とゲーム描画のズレを自動補正するスマートフォンゲームの開発が可能になる。

 15年8月には、スマートフォンゲーム業界向け「CRIWARE」の知名度向上や販売強化を目的として「CRIWAREアンバサダー・プログラム」をスタートし、アドウェイズ<2489>およびエクストリーム<6033>と提携した。

 提携する企業が「CRIWAREアンバサダー」となって、スマートフォンゲームの開発会社やプロジェクトチームに「CRIWARE」の紹介を行うプログラムだ。提携企業のサービスと「CRIWARE」を組み合わせて、顧客が抱える課題に対して、より強力に解決策を提案することが可能になる。また販路拡大に加えて、将来的にはスマートフォン広告市場向けに「CRIWARE」を活用することも検討する。

■15年9月期増収増益予想

 今期(15年9月期)の連結業績予想(11月27日公表)は、売上高が前期比12.3%増の12億86百万円、営業利益が同20.4%増の2億59百万円、経常利益が同11.8%増の2億48百万円、純利益が同10.2%増の1億56百万円としている。配当予想は無配継続としている。

 主力のゲーム分野が順調に推移して増収増益予想だ。分野別売上高の計画については、ゲーム分野(スマホ含む)が同27.9%増の7億20百万円、遊技機分野が同13.6%減の3億80百万円、新規分野が同31.2%増の1億85百万円としている。

 第3四半期累計(10月〜6月)の連結業績は売上高が前年同期比3.3%増の8億32百万円、営業利益が同12.8%減の1億50百万円、経常利益が同16.8%減の1億46百万円、そして純利益が同24.0%減の88百万円だった。

 売上原価における外注費の増加、販管費における人件費の増加などで営業減益だったが、売上面では主力のゲーム分野が順調に推移しているようだ。なお売上総利益率は61.9%で同3.0ポイント低下、販管費比率は43.9%で同0.3ポイント上昇した。また営業外収益では為替差益が増加し、営業外費用では上場関連費用を計上している。

 分野別売上高は、ゲーム分野(スマホ含む)が同19.3%増の4億66百万円、遊技機分野が同21.0%減の2億56百万円、新規分野が同21.5%増の1億09百万円だった。

 ゲーム分野では「CRIWARE」の新規採用数が合計212(スマートフォンアプリ97、家庭用ゲーム106、その他9)と順調に増加した。特にスマートフォン向けは、ランキング上位の人気タイトルの採用が拡大しているようだ。また家庭用ゲーム機向けミドルウェアは、数多くの有力なゲーム開発会社に継続的に採用されているため、市場が縮小する中でも許諾売上は堅調に推移した。

 遊技機分野では、昨年の型式試験の運用変更や自主規制などの影響もあり、開発投資の先送りや新規遊技機の出荷減少など厳しい市場環境が続いているようだ。ただし当社のミドルウェアは開発効率化や演出表現リッチ化のニーズを捉えているため、中期的スパンでのシェア拡大余地は大きいとしている。また新規分野では、医療・ヘルスケア分野でタブレットソリューションの提案・導入が進み、クリニック向け予約システム構築などが順調に拡大したようだ。

 四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期(10月〜12月)2億89百万円、第2四半期(1月〜3月)3億11百万円、第3四半期(4月〜6月)2億32百万円、営業利益は第1四半期67百万円、第2四半期71百万円、第3四半期12百万円だった。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が64.7%、営業利益が57.9%、経常利益が58.9%、純利益が56.4%である。やや低水準のため通期下振れにも注意が必要だが、主力のゲーム分野が好調に推移し、ストック型収益の積み上げで第4四半期(7月〜9月)の挽回が期待される。

■株価はほぼ底値圏

 株価の動き(15年4月1日付で株式3分割)を見ると、IPO人気離散後は水準を切り下げて調整局面が続いている。足元では第3四半期累計の減益を嫌気して2000円台でのモミ合いから下放れの展開となり、さらに地合い悪化も影響して8月25日の上場来安値1212円まで急落した。ただし9月1日には1488円まで戻す場面があり売り一巡感を強めている。

 9月2日の終値1333円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS36円75銭で算出)は36〜37倍近辺、実績PBR(15年9月期第3四半期末実績の連結BPS323円92銭で算出)は4.1倍近辺である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線が戻りを押さえる形となって水準を切り下げた。ただし14年12月IPO直後につけた上場来高値6773円から2割の水準まで調整してほぼ底値圏だろう。中期成長力を見直して反発展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。