[6433]ヒーハイスト精工

[5月10日更新]

ヒーハイスト精工は調整一巡して戻り歩調、18年3月期大幅増収増益予想で19年3月期も収益拡大期待

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期大幅増収増益予想で19年3月期も収益拡大が期待される。株価は調整一巡して戻り歩調だ。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。

 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。

 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。

 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。

■18年3月期大幅増収増益予想、19年3月期も収益拡大期待

 18年3月期連結業績予想(10月30日に増額修正)は、売上高が17年3月期比15.0%増の25億31百万円、営業利益が76.9%増の2億57百万円、経常利益が91.2%増の2億55百万円、純利益が83.8%増の1億54百万円としている。配当予想(10月30日に増額修正)は2円増配の年間4円(期末一括)としている。予想配当性向は16.1%となる。

 第3四半期累計は売上高が前年同期比38.5%増の19億75百万円、営業利益が2.4倍の2億19百万円、経常利益が2.9倍の2億19百万円、そして純利益が2.8倍の1億50百万円だった。

 直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長した。製品別の売上高は、直動機器が産業用機械向けの好調などで35.9%増の11億80百万円、精密部品加工がレース用部品の好調で32.6%増の5億84百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けなどの好調で79.8%増の2億10百万円だった。売上総利益率は29.7%で0.6ポイント上昇、販管費比率は18.6%で4.2ポイント低下した。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が78.0%、営業利益が85.2%、経常利益が85.9%、純利益が97.4%と高水準である。通期会社予想は再増額の可能性が高いだろう。そして19年3月期も収益拡大が期待される。

■株価は調整一巡して戻り歩調

 株価は直近安値圏600円近辺から切り返している。調整一巡して戻り歩調だ。

 5月9日の終値668円を指標面で見ると、前期推定連結PER(会社予想連結EPS24円80銭で算出)は約27倍、前期推定配当利回り(会社予想の年間4円で算出)は約0.6%、前々期実績連結PBR(前々期実績連結BPS497円75銭で算出)は約1.3倍である。時価総額は約42億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線突破の動きを強めている。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[4月10日更新]

ヒーハイスト精工は調整一巡感、18年3月期大幅増収増益予想で19年3月期も収益拡大期待

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期は大幅増収増益予想で再増額の可能性が高いだろう。そして19年3月期も収益拡大が期待される。株価は調整一巡感を強めている。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。

 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。

 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。

 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。

■18年3月期大幅増収増益予想、19年3月期も収益拡大期待

 18年3月期連結業績予想(10月30日に増額修正)は、売上高が17年3月期比15.0%増の25億31百万円、営業利益が76.9%増の2億57百万円、経常利益が91.2%増の2億55百万円、純利益が83.8%増の1億54百万円としている。配当予想(10月30日に増額修正)は2円増配の年間4円(期末一括)としている。予想配当性向は16.1%となる。

 第3四半期累計は売上高が前年同期比38.5%増の19億75百万円、営業利益が2.4倍の2億19百万円、経常利益が2.9倍の2億19百万円、そして純利益が2.8倍の1億50百万円だった。

 直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長した。製品別の売上高は、直動機器が産業用機械向けの好調などで35.9%増の11億80百万円、精密部品加工がレース用部品の好調で32.6%増の5億84百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けなどの好調で79.8%増の2億10百万円だった。売上総利益率は29.7%で0.6ポイント上昇、販管費比率は18.6%で4.2ポイント低下した。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が78.0%、営業利益が85.2%、経常利益が85.9%、純利益が97.4%と高水準である。通期会社予想は再増額の可能性が高いだろう。そして19年3月期も収益拡大が期待される。

■株価は調整一巡感

 株価は1月高値989円から反落して上値を切り下げる形となったが、600円近辺で調整一巡感を強めている。

 4月9日の終値608円を指標面で見ると、前期推定連結PER(会社予想連結EPS24円80銭で算出)は約25倍、前期推定配当利回り(会社予想の年間4円で算出)は約0.7%、前々期実績連結PBR(前々期実績連結BPS497円75銭で算出)は約1.2倍である。時価総額は約38億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線を割り込んだが、600円近辺が下値支持線となりそうだ。調整一巡して反発が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[3月13日更新]

ヒーハイスト精工は調整一巡して出直り期待、18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期は大幅増収増益・増配予想である。そして再増額の可能性が高いだろう。株価は1月の高値圏から反落して上値を切り下げたが、調整一巡感を強めている。好業績を再評価して出直りが期待される。
 
■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー
 
 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。
 
 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。
 
 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。
 
 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。
 
■18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性
 
 18年3月期連結業績予想(10月30日に増額修正)は、売上高が17年3月期比15.0%増の25億31百万円、営業利益が76.9%増の2億57百万円、経常利益が91.2%増の2億55百万円、純利益が83.8%増の1億54百万円としている。配当予想(10月30日に増額修正)は2円増配の年間4円(期末一括)としている。予想配当性向は16.1%となる。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比38.5%増の19億75百万円、営業利益が2.4倍の2億19百万円、経常利益が2.9倍の2億19百万円、そして純利益が2.8倍の1億50百万円だった。
 
 直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長した。製品別の売上高は、直動機器が産業用機械向けの好調などで35.9%増の11億80百万円、精密部品加工がレース用部品の好調で32.6%増の5億84百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けなどの好調で79.8%増の2億10百万円だった。売上総利益率は29.7%で0.6ポイント上昇、販管費比率は18.6%で4.2ポイント低下した。
 
 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が78.0%、営業利益が85.2%、経常利益が85.9%、純利益が97.4%と高水準である。通期会社予想は再増額の可能性が高いだろう。
 
■株価は調整一巡して出直り期待
 
 株価は1月高値989円から反落して上値を切り下げる形となったが、700円近辺で推移して調整一巡感を強めている。
 
 3月12日の終値731円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS24円80銭で算出)は29〜30倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間4円で算出)は0.5%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS497円75銭で算出)は1.5倍近辺である。時価総額は約46億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線近辺で下げ渋る形だ。好業績を再評価して出直りが期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[02月23日更新]

ヒーハイスト精工は地合い悪化の売りが一巡して上値試す、18年3月期3Q累計大幅増益で通期予想は再増額の可能性

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力として、小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期第3四半期累計は大幅増収増益だった。通期も大幅増収増益・増配予想である。そして再増額の可能性が高いだろう。株価は1月の04年来高値圏から反落したが、地合い悪化の売りが一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
 
■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー
 
 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。
 
 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。
 
 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。
 
 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。
 
■18年3月期3Q累計大幅増収増益、通期予想は再増額の可能性
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想(10月30日に増額修正)は、売上高が前期(17年3月期)比15.0%増の25億31百万円、営業利益が76.9%増の2億57百万円、経常利益が91.2%増の2億55百万円、純利益が83.8%増の1億54百万円としている。配当予想(10月30日に増額修正)は2円増配の年間4円(期末一括)としている。予想配当性向は16.1%となる。
 
 第3四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比38.5%増の19億75百万円、営業利益が2.4倍の2億19百万円、経常利益が2.9倍の2億19百万円、純利益が2.8倍の1億50百万円だった。
 
 直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長した。製品別の売上高は、直動機器が産業用機械向けの好調などで35.9%増の11億80百万円、精密部品加工がレース用部品の好調で32.6%増の5億84百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けなどの好調で79.8%増の2億10百万円だった。売上総利益率は29.7%で0.6ポイント上昇、販管費比率は18.6%で4.2ポイント低下した。
 
 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が78.0%、営業利益が85.2%、経常利益が85.9%、純利益が97.4%と高水準である。通期会社予想は再増額の可能性が高いだろう。
 
■株価は地合い悪化の売り一巡して上値試す
 
 株価は1月23日に04年来高値となる989円まで上伸した。その後は一旦反落したが、2月14日の直近安値664円から切り返し、地合い悪化の売り一巡感を強めている。
 
 2月22日の終値801円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS24円80銭で算出)は32〜33倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間4円で算出)は0.5%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS497円75銭で算出)は1.6倍近辺である。時価総額は約50億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインだ。地合い悪化の売りが一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[1月11日更新]

ヒーハイスト精工は10月の昨年来高値に接近、18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性
 
 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力として、小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期大幅増収増益・増配予想である。さらに再増額の可能性が高いだろう。株価は戻り歩調で17年10月の昨年来高値に接近している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
 
■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー
 
 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。
 
 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。
 
 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。
 
 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。
 
■18年3月期大幅増収増益・増配予想、さらに再増額の可能性
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想(10月30日に増額修正)は、売上高が前期(17年3月期)比15.0%増の25億31百万円、営業利益が76.9%増の2億57百万円、経常利益が91.2%増の2億55百万円、純利益が83.8%増の1億54百万円としている。配当予想(10月30日に増額修正)は2円増配の年間4円(期末一括)で、予想配当性向は16.1%となる。
 
 第2四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比52.1%増の13億46百万円、営業利益が3.9倍の1億77百万円、経常利益が5.3倍の1億75百万円、純利益が4.7倍の1億20百万円だった。
 
 直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長し、計画を大幅に上回った。製品別売上高は、直動機器が産業用機械向けの好調で36.2%増の7億77百万円、精密部品加工がレース用部品の好調で60.7%増の4億17百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けの好調で2.8倍の1億51百万円だった。売上総利益率は30.6%で0.9ポイント上昇、販管費比率は17.5%で7.2ポイント低下した。
 
 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が53.2%、営業利益が68.9%、経常利益が68.6%、純利益が77.9%と高水準である。通期会社予想は再増額の可能性が高いだろう。
 
■株価は17年10月の昨年来高値に接近
 
 株価は調整一巡して戻り歩調だ。1月10日には695円まで上伸し、04年来となる17年10月の昨年来高値758円に接近している。
 
 1月10日の終値692円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS24円80銭で算出)は28倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間4円で算出)は0.6%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS497円75銭で算出)は1.4倍近辺である。時価総額は約43億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線を回復して先高感を強めている。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[12月15日更新]

ヒーハイスト精工は調整一巡して戻り歩調、18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性

ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力として、小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期大幅増収増益・増配予想である。さらに再増額の可能性が高いだろう。株価は04年来高値圏から反落したが、調整一巡して戻り歩調だ。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。

 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。

 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。

 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。

■18年3月期大幅増収増益・増配予想、さらに再増額の可能性

 今期(18年3月期)の連結業績予想(10月30日に増額修正)は、売上高が前期(17年3月期)比15.0%増の25億31百万円、営業利益が76.9%増の2億57百万円、経常利益が91.2%増の2億55百万円、純利益が83.8%増の1億54百万円としている。配当予想(10月30日に増額修正)は2円増配の年間4円(期末一括)で、予想配当性向は16.1%となる。

 第2四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比52.1%増の13億46百万円、営業利益が3.9倍の1億77百万円、経常利益が5.3倍の1億75百万円、純利益が4.7倍の1億20百万円だった。

 直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長し、計画を大幅に上回った。製品別売上高は、直動機器が産業用機械向けの好調で36.2%増の7億77百万円、精密部品加工がレース用部品の好調で60.7%増の4億17百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けの好調で2.8倍の1億51百万円だった。売上総利益率は30.6%で0.9ポイント上昇、販管費比率は17.5%で7.2ポイント低下した。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が53.2%、営業利益が68.9%、経常利益が68.6%、純利益が77.9%と高水準である。通期会社予想は再増額の可能性が高いだろう。

■株価は調整一巡して戻り歩調

 株価は04年来高値となる10月30日758円から反落したが、11月15日の直近安値454円から切り返している。調整一巡して戻り歩調だ。

 12月14日の終値578円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS24円80銭で算出)は23〜24倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間4円で算出)は0.7%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS497円75銭で算出)は1.2倍近辺である。時価総額は約36億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線回復の動きを強めている。調整一巡して戻りを試す展開が期待される。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[11月27日更新]

ヒーハイスト精工は調整一巡、18年3月期増額して大幅増益・増配予想、さらに再増額の可能性
 
 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力として、小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期第2四半期が計画超の大幅増収増益となり、通期業績予想および配当予想を増額修正している。そして通期予想は再増額の可能性が高いだろう。株価は04年来の高値圏から一旦反落したが、調整一巡して上値を試す展開が期待される。
 
■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー
 
 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。
 
 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。
 
 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。
 
 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。
 
■18年3月期2Q累計は計画超の大幅増収増益
 
 11月13日発表した今期(18年3月期)第2四半期累計(4〜9月)の連結業績(10月30日に増額修正)は、売上高が前年同期比52.1%増の13億46百万円で、営業利益が3.9倍の1億77百万円、経常利益が5.3倍の1億75百万円、純利益が4.7倍の1億20百万円だった。
 
 直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長し、計画を大幅に上回った。製品別売上高は、直動機器が産業用機械向けの好調で36.2%増の7億77百万円、精密部品加工がレース用部品の好調で60.7%増の4億17百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けの好調で2.8倍の1億51百万円だった。売上総利益率は30.6%で0.9ポイント上昇、販管費比率は17.5%で7.2ポイント低下した。
 
■18年3月期業績・配当予想を増額修正、さらに再増額の可能性
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想と配当予想を10月30日に増額修正した。売上高は4億92百万円増額して前期(17年3月期)比15.0%増の25億31百万円、営業利益は1億02百万円増額して76.9%増の2億57百万円、経常利益は1億03百万円増額して91.2%増の2億55百万円、純利益は67百万円増額して83.8%増の1億54百万円とした。配当予想は期末2円増額して年間4円(期末一括)とした。予想配当性向は16.1%で、前期比2円増配となる。
 
 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が53.2%、営業利益が68.9%、経常利益が68.6%、純利益が77.9%と高水準である。通期会社予想は再増額の可能性が高いだろう。
 
■株価は04年来高値圏、調整一巡して上値試す
 
 株価は、04年来高値となる10月30日758円から利益確定売りで一旦反落したが、11月15日の直近安値454円から切り返し、11月22日には561円まで戻した。調整が一巡したようだ。
 
 11月22日の終値557円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS24円80銭で算出)は22〜23倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間4円で算出)は0.7%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS497円75銭で算出)は1.1倍近辺である。時価総額は約35億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線を割り込んだが、26週移動平均線が接近してサポートラインとなりそうだ。調整一巡して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[10月20日更新]

ヒーハイスト精工は過熱感解消、18年3月期予想は増額の可能性     
 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期は第1四半期で通期利益予想をほぼ達成している。通期予想は増額の可能性が高いだろう。株価は06年来の高値圏だ。過熱感が解消し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。
 
■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー
 
 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。
 
 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。
 
 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。
 
 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。
 
■18年3月期予想は増額の可能性で収益改善基調
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月15日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比7.4%減の20億39百万円、営業利益が6.8%増の1億55百万円、経常利益が13.5%増の1億51百万円、純利益が3.9%増の87百万円としている。配当予想は前期と同額の年間2円(期末一括)としている。予想配当性向は14.3%となる。
 
 第1四半期(4〜6月)は売上高が前年同期比68.5%増収、営業利益が5.4倍増益、経常利益が6.4倍増益、純利益が6.7倍増益だった。直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長し、増収効果で大幅増益だった。
 
 製品別売上高は、直動機器が産業用機械業界向けなどの好調で29.2%増の3億69百万円、精密部品加工がレース用部品の需要大幅増加で82.5%増の2億38百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けの需要大幅増加で5.3倍の1億37百万円だった。
 
 売上総利益は91.1%増加し、売上総利益率は34.5%で4.1ポイント上昇した。販管費は3.3%増加にとどまり、販管費比率は14.9%で9.4ポイント低下した。
 
 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高36.5%、営業利益94.2%、経常利益96.0%、純利益116.1%で、利益は通期予想をほぼ達成している。先行不透明感が強いとして通期予想を据え置いたが、増額の可能性が高いだろう。そして収益改善基調が期待される。
 
■株価は06年来高値圏、過熱感解消して上値試す
 
 株価(17年10月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更)は、第1四半期業績を好感して10月3日の672円まで上伸した。06年来の高値圏だ。
 
 10月18日の終値584円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS14円02銭で算出)は42倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間2円で算出)は0.3%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS497円75銭で算出)は1.2倍近辺である。時価総額は約36億円である。
 
 日足チャートで見ると25日移動平均線が接近して過熱感が解消した。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなりそうだ。過熱感が解消し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR) 
[09月27日更新]

ヒーハイスト精工は過熱感解消して上値試す、18年3月期予想は増額の可能性

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期予想は増額の可能性が高いだろう。株価は06年来の高値圏だ。過熱感が解消して上値を試す展開が期待される。なお17年10月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更する。
 
■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー
 
 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。
 
 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。
 
 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。
 
 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。
 
■18年3月期1Qは大幅増収増益
 
 今期(18年3月期)第1四半期(4月〜6月)の連結業績は売上高が前年同期比68.5%増の7億45百万円、営業利益が5.4倍の1億46百万円、経常利益が6.4倍の1億45百万円、純利益が6.7倍の1億01百万円だった。直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長し、増収効果で大幅増益だった。
 
 製品別売上高は、直動機器が産業用機械業界向けなどの好調で29.2%増の3億69百万円、精密部品加工がレース用部品の需要大幅増加で82.5%増の2億38百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けの需要大幅増加で5.3倍の1億37百万円だった。
 
 売上総利益は91.1%増加し、売上総利益率は34.5%で4.1ポイント上昇した。販管費は3.3%増加にとどまり、販管費比率は14.9%で9.4ポイント低下した。
 
■18年3月期通期は増額の可能性、収益改善基調期待
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月15日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比7.4%減の20億39百万円、営業利益が6.8%増の1億55百万円、経常利益が13.5%増の1億51百万円、純利益が3.9%増の87百万円としている。配当予想は前期と同額の年間2円(期末一括)としている。予想配当性向は14.3%となる。
 
 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高36.5%、営業利益94.2%、経常利益96.0%、純利益116.1%で利益は通期予想をほぼ達成している。先行不透明感が強いとして通期予想を据え置いたが、増額の可能性が高いだろう。そして収益改善基調が期待される。
 
■株価は急伸して06年来高値圏、過熱感解消して上値試す
 
 株価は第1四半期業績を好感して250円〜300円近辺でのモミ合いから上放れの形となり、9月4日の635円まで上伸した。06年来の高値圏だ。その後は利益確定売りが優勢になったが、大きく下押すことなく500円〜600円近辺で推移している。
 
 9月26日の終値533円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS14円02銭で算出)は38倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間2円で算出)は0.4%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS497円75銭で算出)は1.1倍近辺である。時価総額は約33億円である。
 
 日足チャートで見ると25日移動平均線が接近して目先的な過熱感が解消した。週足チャートで見ると13週移動平均線、26週移動平均線、52週移動平均線がいずれも上向いて先高感を強めている。上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[08月29日更新]

ヒーハイスト精工は急伸して06年来高値圏、18年3月期1Q大幅増収増益で通期予想は増額の可能性 
 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期第1四半期は大幅増収増益だった。通期予想は増額の可能性が高いだろう。株価は急伸して06年来の高値圏だ。目先的な過熱感を冷ましながら上値を試す展開が期待される。なお17年10月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更する。
 
■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー
 
 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。
 
 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。
 
 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%だった。主要販売先はTHK<6481>および本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。
 
■18年3月期1Qは大幅増収増益
 
 今期(18年3月期)第1四半期(4月〜6月)の連結業績は売上高が前年同期比68.5%増の7億45百万円、営業利益が5.4倍の1億46百万円、経常利益が6.4倍の1億45百万円、純利益が6.7倍の1億01百万円だった。直動機器、精密部品加工、ユニット製品とも需要が大幅伸長し、増収効果で大幅増益だった。
 
 製品別売上高は、直動機器が産業用機械業界向けなどの好調で29.2%増の3億69百万円、精密部品加工がレース用部品の需要大幅増加で82.5%増の2億38百万円、ユニット製品が液晶製造装置向けの需要大幅増加で5.3倍の1億37百万円だった。
 
 売上総利益は91.1%増加し、売上総利益率は34.5%で4.1ポイント上昇した。販管費は3.3%増加にとどまり、販管費比率は14.9%で9.4ポイント低下した。
 
■18年3月期通期は増額の可能性、収益改善基調期待
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月15日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比7.4%減の20億39百万円、営業利益が6.8%増の1億55百万円、経常利益が13.5%増の1億51百万円、純利益が3.9%増の87百万円としている。配当予想は前期と同額の年間2円(期末一括)としている。予想配当性向は14.3%となる。
 
 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高36.5%、営業利益94.2%、経常利益96.0%、純利益116.1%で利益は通期予想をほぼ達成している。先行不透明感が強いとして通期予想を据え置いたが、増額の可能性が高いだろう。そして収益改善基調が期待される。
 
■リニアボールブッシュの競争力強化・拡販を推進
 
 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。
 
■株価は急伸して06年来高値圏、目先的な過熱感冷ましながら上値試す
 
 株価は第1四半期業績を好感して急伸している。8月22日には560円まで上伸した。06年来の高値圏だ。
 
 8月27日の終値487円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS14円02銭で算出)は34〜35倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間2円で算出)は0.4%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS497円75銭で算出)は1.0倍近辺である。時価総額は約30億円である。
 
 週足チャートで見ると窓を開けて急伸し、高値圏で上ヒゲを付けた。目先的には過熱感の強い形だが、13週移動平均線、26週移動平均線、52週移動平均線がいずれも上向きとなって先高感を強めている。目先的な過熱感を冷ましながら上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[07月07日更新]

ヒーハイスト精工は18年3月期増益予想で低PBR

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期増益予想で、収益改善基調である。株価は戻り高値圏でモミ合う形だが、0.5倍近辺の低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。なお17年10月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更する。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。主要販売先はTHK<6481>、本田技研工業<7267>である。

 リニアボールブッシュは機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている

■18年3月期増益予想で収益改善基調

 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月15日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比7.4%減の20億39百万円、営業利益が同6.8%増の1億55百万円、経常利益が同13.5%増の1億51百万円、純利益が同3.9%増の87百万円としている。配当予想は前期と同額の年間2円(期末一括)としている。予想配当性向は14.3%となる。

 先行不透明感が強いとして、前期大幅伸長した精密部品加工およびユニット製品の反動減も警戒しているようだが、会社予想には保守的な印象も強い。収益改善基調が期待される。

■株価はモミ合いだが低PBRも見直して上値試す

 株価の動きを見ると、戻り高値圏250円近辺でモミ合う形だが、煮詰まり感も強めている。

 7月6日の終値249円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS14円02銭で算出)は17〜18倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間2円で算出)は0.8%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS497円75銭で算出)は0.5倍近辺である。時価総額は約16億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインの形だ。0.5倍近辺の低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[06月21日更新]

ヒーハイスト精工は戻り高値圏、18年3月期増益予想で0.5倍近辺の低PBRも見直し

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。18年3月期増益予想で、収益改善基調である。株価は戻り高値圏だ。自律調整が一巡し、0.5倍近辺の低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。なお17年10月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更する。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。

 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。

 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%である。主要販売先はTHK<6481>、本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。

■17年3月期は計画超の大幅増益

 前期(17年3月期)連結業績は売上高が前々期(16年3月期)比35.2%増の22億01百万円、営業利益が同2.2倍の1億45百万円、経常利益が同2.4倍の1億33百万円、純利益が同2.6倍の84百万円だった。

 計画に対して売上高は5億33百万円、営業利益は58百万円、経常利益は50百万円、純利益は28百万円上回り、計画超の大幅増益だった。直動機器が好調に推移し、精密部品加工およびユニット製品も伸長した。

 製品別売上高は、直動機器が同15.6%増の12億18百万円、精密部品加工が同60.0%増の7億25百万円、ユニット製品が同2.1倍の2億57百万円だった。

 売上総利益は同25.9%増加したが、売上総利益率は27.3%で同2.0ポイント低下した。また販管費は同11.0%増加したが、販管費比率は20.7%で同4.5ポイント低下した。特別損失では固定資産除却損24百万円を計上した。

 ROEは2.7%で同1.6ポイント上昇、自己資本比率は68.5%で同5.5ポイント低下した。配当(4月27日に期末1円増額修正)は同1円増配の年間2円(期末一括)とした。配当性向は14.8%である。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期4億42百万円、第2四半期4億42百万円、第3四半期5億42百万円、第4四半期7億75百万円、営業利益は27百万円、17百万円、47百万円、54百万円だった。

■18年3月期も増益予想で収益改善基調

 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月15日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比7.4%減の20億39百万円、営業利益が同6.8%増の1億55百万円、経常利益が同13.5%増の1億51百万円、純利益が同3.9%増の87百万円としている。配当予想は前期と同額の年間2円(期末一括)としている。予想配当性向は14.3%となる。

 先行不透明感が強いとして、前期大幅伸長した精密部品加工およびユニット製品の反動減も警戒しているようだが、会社予想には保守的な印象も強い。収益改善基調が期待される。

■リニアボールブッシュの競争力強化・拡販を推進

 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。

■株価は戻り高値圏、低PBRも見直して上値試す

 株価の動きを見ると戻り高値圏250円〜260円近辺で推移している。6月12日には戻り高値となる271円まで上伸する場面があった。

 6月19日の終値250円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS14円02銭で算出)は17〜18倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間2円で算出)は0.8%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS497円75銭で算出)は0.5倍近辺である。時価総額は約16億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線がサポートラインとなって下値を切り上げている。自律調整が一巡し、0.5倍近辺の低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[05月25日更新]

ヒーハイスト精工は18年3月期増益予想、低PBRも見直し

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力として、小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。17年3月期は計画超の大幅増益だった。そして18年3月期も増益予想である。収益改善基調だ。株価は低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。なお17年10月1日付で単元株式数を1000株から100株に変更する。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。

 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。

 17年3月期の製品別売上構成比は直動機器55%、精密部品加工33%、ユニット製品12%である。主要販売先はTHK<6481>、本田技研工業<7267>である。収益面では産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい特性もある。

■17年3月期は計画超の大幅増益

 5月15日発表した前期(17年3月期)連結業績(4月27日に増額修正)は、売上高が前々期(16年3月期)比35.2%増の22億01百万円で、営業利益が同2.2倍の1億45百万円、経常利益が同2.4倍の1億33百万円、純利益が同2.6倍の84百万円だった。

 計画に対して売上高は5億33百万円、営業利益は58百万円、経常利益は50百万円、純利益は28百万円上回り、計画超の大幅増益だった。直動機器が好調に推移し、精密部品加工およびユニット製品も伸長した。

 製品別の売上高は、直動機器が同15.6%増の12億18百万円、精密部品加工が同60.0%増の7億25百万円、ユニット製品が同2.1倍の2億57百万円だった。

 売上総利益は同25.9%増加したが、売上総利益率は27.3%で同2.0ポイント低下した。また販管費は同11.0%増加したが、販管費比率は20.7%で同4.5ポイント低下した。営業外費用では為替差損が減少(前々期13百万円、前期7百万円)した。特別損失では固定資産除却損24百万円を計上した。

 ROEは2.7%で同1.6ポイント上昇、自己資本比率は68.5%で同5.5ポイント低下した。配当(4月27日に期末1円増額修正)は同1円増配の年間2円(期末一括)とした。配当性向は14.8%である。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期4億42百万円、第2四半期4億42百万円、第3四半期5億42百万円、第4四半期7億75百万円、営業利益は27百万円、17百万円、47百万円、54百万円だった。

■18年3月期も増益予想で収益改善基調

 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月15日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比7.4%減の20億39百万円、営業利益が同6.8%増の1億55百万円、経常利益が同13.5%増の1億51百万円、純利益が同3.9%増の87百万円としている。配当予想は前期と同額の年間2円(期末一括)としている。予想配当性向は14.3%となる。

 先行不透明感が強いとして、前期大幅伸長した精密部品加工およびユニット製品の反動減も警戒しているようだが、会社予想には保守的な印象も強い。収益改善基調が期待される。

■リニアボールブッシュの競争力強化・拡販を推進

 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。

■株価は下値切り上げる展開、低PBRも見直し

 株価の動きを見ると、前期(17年3月期)業績・配当予想増額修正を好感した4月28日の年初来高値275円から反落したが、大きく下押す動きは見られない。下値を切り上げる形だ。

 5月24日の終値245円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS14円02銭で算出)は17〜18倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間2円で算出)は0.8%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS497円75銭で算出)は0.5倍近辺である。時価総額は約15億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線近辺から切り返してサポートラインを確認した形だ。低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[04月26日更新]

ヒーハイスト精工は17年3月期大幅増益予想で18年3月期も収益改善基調期待

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力としている。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。17年3月期大幅増益予想で、18年3月期も収益改善基調が期待される。株価は自律調整が一巡し、収益改善基調を評価して戻りを試す展開が期待される。0.5倍近辺の低PBRも見直し材料だ。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。

 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。

 16年3月期の製品別売上構成比は直動機器65%、精密部品加工28%、ユニット製品7%で、主要販売先の売上構成比はTHK<6481>54%、本田技研工業<726>21%である。

■産業用機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向が影響する収益特性

 四半期別の業績推移を見ると、16年3月期の売上高は第1四半期4億16百万円、第2四半期3億82百万円、第3四半期4億38百万円、第4四半期3億92百万円、営業利益は21百万円、2百万円、47百万円、3百万円の赤字だった。産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい収益特性もある。

 16年3月期連結業績は15年3月期比15.3%増収となり、営業利益は黒字化、経常利益は2.2倍増益、純利益は4.7倍増益となった。増収効果や生産性向上・原価低減効果などで営業黒字化した。直動機器は4.5%増収、精密部品加工はレース用部品の好調で54.3%増収、ユニット製品は9.9%増収だった。

 なお売上総利益は同15.1%増加したが、売上総利益率は29.3%で同横ばいだった。販管費は同1.6%減少し、販管費比率は25.2%で同4.3ポイント低下した。ROEは1.1%で同0.9ポイント上昇、自己資本比率は74.0%で同2.4ポイント上昇した。配当は7期ぶりの復配で年間1円(期末一括)とした。配当性向は19.1%だった。

■17年3月期第3四半期累計は大幅増収増益

 前期(17年3月期)第3四半期累計(4月〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比15.3%増の14億26百万円、営業利益が同29.3%増の91百万円、経常利益が同32.7%増の76百万円、純利益が同58.8%増の53百万円だった。

 主力の直動機器が堅調に推移し、レース用部品精密加工や液晶製造装置向けユニット製品の大幅伸長も寄与して2桁増収となり、増収効果や生産性向上・原価低減効果で大幅増益だった。製品別売上高は直動機器が同6.1%増の8億68百万円、精密部品加工が同37.1%増の4億41百万円、ユニット製品が同20.8%増の1億16百万円だった。

 売上総利益は同10.2%増加したが、売上総利益率は29.1%で同1.4ポイント低下した。また販管費は同5.8%増加したが、販管費比率は22.8%で同2.0ポイント低下した。営業外費用では為替差損が増加(前期8百万円、今期12百万円)した。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期4億42百万円、第2四半期4億42百万円、第3四半期5億42百万円、営業利益は27百万円、17百万円、47百万円だった。

■17年3月期大幅増益予想で18年3月期も収益改善基調

 前期(17年3月期)通期の連結業績予想(5月13日公表)は売上高が前々期(16年3月期)比2.4%増の16億67百万円で、営業利益が同30.4%増の87百万円、経常利益が同50.0%増の83百万円、そして純利益が同74.0%増の56百万円としている。配当は前々期と同額の年間1円(期末一括)で配当性向は11.0%となる。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は、売上高が85.5%、営業利益が104.6%、経常利益が91.6%、純利益が94.6%と高水準である。通期会社予想に増額余地がありそうだ。そして今期(18年3月期)も収益改善基調が期待される。

■リニアボールブッシュの競争力強化・拡販を推進

 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。

■株価は自律調整一巡して戻り試す、低PBRも見直し

 株価の動きを見ると、240円〜250円近辺の年初来高値圏から地合い悪化も影響して反落したが、4月17日の直近安値213円から切り返しの動きを強めている。自律調整が一巡したようだ。

 4月25日の終値228円を指標面で見ると、前期推定連結PER(会社予想の連結EPS9円11銭で算出)は25倍近辺、前期推定配当利回り(会社予想の年間1円で算出)は0.4%近辺、前々期実績連結PBR(前々期実績連結BPS485円45銭で算出)は0.5倍近辺である。時価総額は約14億円である。

 週足チャートで見ると52週移動平均線近辺から切り返してサポートラインを確認した形だ。自律調整が一巡し、収益改善基調を評価して戻りを試す展開が期待される。0.5倍近辺の低PBRも見直し材料だ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[04月03日更新]

ヒーハイスト精工は17年3月期大幅増益予想で増額余地、18年3月期も収益改善基調期待

 ヒーハイスト精工<6433>(JQ)は直動機器を主力として、小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。17年3月期大幅増益予想で増額余地がありそうだ。そして18年3月期も収益改善基調が期待される。株価は下値固めが完了して戻り歩調だ。0.5倍近辺の低PBRも見直し材料であり、収益改善基調を評価して戻りを試す展開が期待される。

■小径リニアボールブッシュの世界トップメーカー

 球面加工技術や鏡面加工技術をコア技術として、直動機器(リニアボールブッシュや球面軸受けなど)、精密部品加工(レース用部品や試作部品の受託加工など)、ユニット製品(液晶製造装置向けなど)を展開している。小径リニアボールブッシュの世界トップメーカーである。

 主力のリニアボールブッシュは、機械装置の稼働部に用いられる部品で、金属と金属の接触面を鋼球が転がりながら移動することで摩擦による影響を低減し、機械装置の寿命を延ばす役割を担っている。

 16年3月期の製品別売上構成比は直動機器65%、精密部品加工28%、ユニット製品7%で、主要販売先の売上構成比はTHK<6481>54%、本田技研工業<7267>21%である。

■産業用機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向が影響する収益特性

 四半期別の業績推移を見ると、16年3月期の売上高は第1四半期4億16百万円、第2四半期3億82百万円、第3四半期4億38百万円、第4四半期3億92百万円、営業利益は21百万円、2百万円、47百万円、3百万円の赤字だった。産業機械・電子部品・自動車関連の設備投資動向の影響を受けやすく、設備投資関連のため四半期業績が変動しやすい収益特性もある。

 16年3月期連結業績は15年3月期比15.3%増収となり、営業利益は黒字化、経常利益は2.2倍増益、純利益は4.7倍増益となった。増収効果や生産性向上・原価低減効果などで営業黒字化した。直動機器は4.5%増収、精密部品加工はレース用部品の好調で54.3%増収、ユニット製品は9.9%増収だった。

 なお売上総利益は同15.1%増加したが、売上総利益率は29.3%で同横ばいだった。販管費は同1.6%減少し、販管費比率は25.2%で同4.3ポイント低下した。ROEは1.1%で同0.9ポイント上昇、自己資本比率は74.0%で同2.4ポイント上昇した。配当は7期ぶりの復配で年間1円(期末一括)とした。配当性向は19.1%だった。

■17年3月期第3四半期累計は大幅増収増益

 今期(17年3月期)第3四半期累計(4月〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比15.3%増の14億26百万円、営業利益が同29.3%増の91百万円、経常利益が同32.7%増の76百万円、純利益が同58.8%増の53百万円だった。

 主力の直動機器が堅調に推移し、レース用部品精密加工や液晶製造装置向けユニット製品の大幅伸長も寄与して2桁増収となり、増収効果や生産性向上・原価低減効果で大幅増益だった。製品別売上高は直動機器が同6.1%増の8億68百万円、精密部品加工が同37.1%増の4億41百万円、ユニット製品が同20.8%増の1億16百万円だった。

 売上総利益は同10.2%増加したが、売上総利益率は29.1%で同1.4ポイント低下した。また販管費は同5.8%増加したが、販管費比率は22.8%で同2.0ポイント低下した。営業外費用では為替差損が増加(前期8百万円、今期12百万円)した。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期4億42百万円、第2四半期4億42百万円、第3四半期5億42百万円、営業利益は27百万円、17百万円、47百万円だった。

■17年3月期通期も大幅増益予想で増額余地、18年3月期も収益改善基調

 今期(17年3月期)通期の連結業績予想(5月13日公表)は、売上高が前期(16年3月期)比2.4%増の16億67百万円で、営業利益が同30.4%増の87百万円、経常利益が同50.0%増の83百万円、そして純利益が同74.0%増の56百万円としている。配当予想は前期と同額の年間1円(期末一括)で予想配当性向は11.0%となる。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は、売上高が85.5%、営業利益が104.6%、経常利益が91.6%、純利益が94.6%と高水準である。通期会社予想に増額余地がありそうだ。そして来期(18年3月期)も収益改善基調が期待される。

■リニアボールブッシュの競争力強化・拡販を推進

 収益力向上および経営基盤強化に向けた重点方針として、生産能力向上とコストダウンによる採算性向上、QCDの徹底追求による顧客対応力の強化、顧客ニーズに適合した応用製品の開発と販売、主力製品リニアボールブッシュの競争力強化による拡販、提案型技術営業による新規顧客開拓、海外販売網の構築・強化、従業員の上昇志向と能力の向上を掲げている。

■株価は下値固め完了して戻り歩調

 株価の動きを見ると、安値圏160円〜180円近辺で下値固めが完了して戻り歩調だ。2月には265円まで上伸し、急伸した16年10月の戻り高値276円に接近する場面があった。

 3月30日の終値245円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想連結EPS9円11銭で算出)は26〜27倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間1円で算出)は0.4%近辺、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS485円45銭で算出)は0.5倍近辺である。時価総額は約15億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線近辺がサポートラインの形だ。0.5倍近辺の低PBRも見直し材料であり、収益改善基調を評価して戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。