[9265]ヤマシタヘルスケアホールディングス

[5月01日更新]

ヤマシタヘルスケアホールディングスは急反発して底放れ、18年5月期大幅増益予想で株主優待制度導入

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社の純粋持株会社である。18年5月期は年度後半に機器需要が回復して大幅増益予想である。株価は株主優待制度導入を好感し、急反発して底放れの展開だ。

■九州を地盤とする医療機器専門商社、17年12月純粋持株会社へ移行

 山下医科機械が17年12月1日付で純粋持株会社ヤマシタヘルスケアホールディングスを新設して新規上場した。

 山下医科器械は九州を地盤とする医療機器専門商社で、医療機器の販売・メンテナンスおよび医療材料・消耗品などの販売を主力としている。またイーピーメディックは整形インプラントを製造販売している。17年6月には医療機器販売のトムス(広島県)を子会社化した。中期成長に向けて九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略としている。

 収益面では医療機関の設備投資関連で、第2四半期(9月〜11月)および第4四半期(3月〜5月)の構成比が高い特性がある。利益還元については安定的な配当の継続を基本方針とし、配当水準として連結配当性向30%を基準としている。

■光通信と資本業務提携

 17年9月には光通信<9435>と資本業務提携契約を締結した。光通信の九州地区における医科向け「EPARK」事業を共同展開するため、第三者割当による自己株式処分で山下医科機械の4万7533株を光通信に割り当てるとともに、光通信の「EPARK」事業を展開するイーディライトの第三者割当増資を引き受けた。

■18年5月期は年度後半に機器需要回復して大幅増益予想

 18年5月期連結業績予想は、山下医科機械の17年5月期実績(連結)との比較で、売上高が9.4%増の574億30百万円、営業利益が28.7%増の2億40百万円、経常利益が19.1%増の3億07百万円、純利益が7.9倍の1億53百万円としている。配当予想は9円増配の年間19円(期末一括)で、予想配当性向は31.0%となる。

 第3四半期累計は415億52百万円、営業利益が45百万円の赤字、経常利益が13百万円の黒字、純利益が57百万円の赤字だった。なお前年同期の山下医科機械の実績(連結)は売上高が371億04百万円、営業利益が1百万円の赤字、経常利益が43百万円の黒字、純利益が1億41百万円の赤字だった。

 SPD事業の拡大やトムスの新規連結などで2桁増収だが、物流会社の運賃値上げに伴う物流コストの上昇、リース料の増加などで営業赤字だった。また出資している米国の新興医療機器メーカーの事業進捗遅延に伴って、投資有価証券評価損を特別損失に計上した。

 医療機器販売業の売上高の内訳は、一般機器分野が大型設備案件の減少で8.2%減の53億12百万円、一般消耗品分野がSPD契約施設における医療機器消耗品の増加で5.9%増の158億73百万円、低侵襲治療分野がIVE(内視鏡処置用医療材料)やIVR(血管内治療用医療材料)の増加で15.2%増の77億56百万円、専門分野(新規連結のトムス含む)が整形消耗品や透析材料の増加で59.0%増の76億90百万円、情報・サービス分野が電子カルテシステムなど医療IT機器の減少で26.1%減の8億78百万円だった。

 第3四半期累計は営業赤字だったが、通期は年度後半に機器需要が回復して大幅増益予想である。収益改善を期待したい。

■株主優待制度を導入

 4月13日に株主優待制度導入を発表した。毎年5月31日現在の1単元(100株)以上保有株主を対象に、保有株式数および継続保有期間に応じて、オリジナルクオカードを贈呈する。18年5月31日現在の株主を対象に、保有期間を1年未満として開始する。

■株価は急反発して底放れ

 株価は安値圏1400円台でモミ合う形だったが、株主優待制度導入を好感し、急反発して底放れの展開となった。

 4月27日の終値1580円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS61円24銭で算出)は約26倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間19円で算出)は約1.2%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2334円02銭で算出)は約0.7倍である。時価総額は約40億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線を突破した。出直りが期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[4月03日更新]

ヤマシタヘルスケアホールディングスは底放れの動き、18年5月期3Q累計営業赤字だが通期大幅増益予想

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社の純粋持株会社である。18年5月期第3四半期累計は営業赤字だったが、通期は年度後半に機器需要回復が見込まれるため大幅増益予想である。株価は底放れの動きを強めている。

■九州を地盤とする医療機器専門商社、17年12月純粋持株会社へ移行

 山下医科機械が17年12月1日付で純粋持株会社ヤマシタヘルスケアホールディングスを新設して新規上場した。

 山下医科器械は九州を地盤とする医療機器専門商社で、医療機器の販売・メンテナンスおよび医療材料・消耗品などの販売を主力としている。またイーピーメディックは整形インプラントを製造販売している。17年6月には医療機器販売のトムス(広島県)を子会社化した。中期成長に向けて九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略としている。

 収益面では医療機関の設備投資関連で、第2四半期(9月〜11月)および第4四半期(3月〜5月)の構成比が高い特性がある。利益還元については安定的な配当の継続を基本方針とし、配当水準として連結配当性向30%を基準としている。

■光通信と資本業務提携

 17年9月には光通信<9435>と資本業務提携契約を締結した。光通信の九州地区における医科向け「EPARK」事業を共同展開するため、第三者割当による自己株式処分で山下医科機械の4万7533株を光通信に割り当てるとともに、光通信の「EPARK」事業を展開するイーディライトの第三者割当増資を引き受けた。

■18年5月期3Q累計営業赤字だが、通期は機器需要回復して大幅増益予想

 18年5月期連結業績予想は、山下医科機械の17年5月期実績(連結)との比較で、売上高が9.4%増の574億30百万円、営業利益が28.7%増の2億40百万円、経常利益が19.1%増の3億07百万円、純利益が7.9倍の1億53百万円としている。配当予想は9円増配の年間19円(期末一括)で、予想配当性向は31.0%となる。

 第3四半期累計は415億52百万円、営業利益が45百万円の赤字、経常利益が13百万円の黒字、純利益が57百万円の赤字だった。なお前年同期の山下医科機械の実績(連結)は売上高が371億04百万円、営業利益が1百万円の赤字、経常利益が43百万円の黒字、純利益が1億41百万円の赤字だった。

 SPD事業の拡大や17年6月子会社化したトムスの新規連結などで実質的に2桁増収だが、物流会社の運賃値上げに伴う物流コストの上昇、リース料の増加などで実質的に営業赤字が拡大した形だ。また出資している米国の新興医療機器メーカーの事業進捗遅延に伴って、投資有価証券評価損67百万円を特別損失に計上した。

 医療機器販売業の売上高の内訳は、一般機器分野が大型設備案件の減少で8.2%減の53億12百万円、一般消耗品分野がSPD契約施設における医療機器消耗品の増加で5.9%増の158億73百万円、低侵襲治療分野がIVE(内視鏡処置用医療材料)やIVR(血管内治療用医療材料)の増加で15.2%増の77億56百万円、専門分野(新規連結のトムス含む)が整形消耗品や透析材料の増加で59.0%増の76億90百万円、情報・サービス分野が電子カルテシステムなど医療IT機器の減少で26.1%減の8億78百万円だった。

 第3四半期累計の営業赤字が実質的に拡大し、通期予想に対する進捗率も低水準の形だが、年度後半に機器需要回復が見込まれるため大幅増益予想である。設備需要回復して通期ベースでの収益改善を期待したい。

■株価は底放れの動き

 株価は安値圏1400円台でモミ合う形だが、第3四半期累計の実質的な営業赤字拡大に対するネガティブ反応は見られず、底放れの動きを強めている。

 4月2日の終値1490円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS61円24銭で算出)は24〜25倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間19円で算出)は1.3%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2334円02銭で算出)は0.6倍近辺である。時価総額は約38億円である。

 週足チャートで見ると安値圏の下ヒゲで底打ち感を強めている。出直りが期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[3月19日更新]

ヤマシタヘルスケアホールディングスは下値固め完了感、18年5月期大幅増益予想

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社の純粋持株会社である。18年5月期は年度後半に機器需要回復が見込まれるため大幅増益予想である。株価は水準を切り下げたが、下値固め完了感を強めている。
 
■九州を地盤とする医療機器専門商社、17年12月純粋持株会社へ移行
 
 山下医科機械が17年12月1日付で純粋持株会社ヤマシタヘルスケアホールディングスを新設して新規上場した。
 
 山下医科器械は九州を地盤とする医療機器専門商社で、医療機器の販売・メンテナンスおよび医療材料・消耗品などの販売を主力としている。またイーピーメディックは整形インプラントを製造販売している。中期成長に向けて九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略としている。
 
 収益面では医療機関の設備投資関連で、第2四半期(9月〜11月)および第4四半期(3月〜5月)の構成比が高い特性がある。利益還元については安定的な配当の継続を基本方針とし、配当水準として連結配当性向30%を基準としている。
 
■光通信と資本業務提携
 
 17年6月医療機器販売のトムス(広島県)を子会社化した。また17年9月には光通信<9435>と資本業務提携契約を締結した。光通信の九州地区における医科向け「EPARK」事業を共同展開するため、第三者割当による自己株式処分で山下医科機械の4万7533株を光通信に割り当てるとともに、光通信の「EPARK」事業を展開するイーディライトの第三者割当増資を引き受けた。
 
■18年5月期大幅増益予想、年度後半に機器需要回復
 
 18年5月期の連結業績予想(持株会社の予想として12月1日公表、山下医科機械として7月11日公表した数値と同じ)は、山下医科機械の17年5月期実績との比較で、売上高が9.4%増の574億30百万円、営業利益が28.7%増の2億40百万円、経常利益が19.1%増の3億07百万円、そして純利益が7.9倍の1億53百万円としている。配当予想は9円増配の年間19円(期末一括)で、予想配当性向は31.0%となる。
 
 第2四半期累計(山下医科機械の実績)は、売上高が前年同期比13.5%増の276億28百万円、営業利益が36百万円の赤字(前年同期は6百万円の黒字)、経常利益が60.3%減の13百万円、純利益が2.1倍の19百万円だった。
 
 SPD事業の拡大、17年6月子会社化したトムスの新規連結などで増収だが、病院施設新築移転等の大型案件が予想を下回り、全体的な利益率の低下、物流コストの増加などで各利益は計画を下回った。
 
 医療機器販売業の売上高の内訳は、一般機器分野が大型設備案件減少で12.0%減の34億55百万円、一般消耗品分野がSPD契約施設における医療機器消耗品の増加で7.8%増の106億18百万円、低侵襲治療分野がIVE等の内視鏡処置用医療材料の増加で14.8%増の77億56百万円、専門分野(新規連結のトムス含む)が整形消耗品や透析材料の増加で60.2%増の50億23百万円、情報・サービス分野が電子カルテシステムの増加で23.2%増の6億12百万円だった。
 
 通期ベースでは、年度後半に機器需要回復が見込まれるため大幅増益予想である。純利益は減損損失および投資有価証券評価損の一巡も寄与する。設備需要回復して収益改善が期待される。
 
■株価は下値固め完了感
 
 株価は地合い悪化も影響して水準を切り下げたが、2月15日安値1444円を割り込むことなく下値固め完了感を強めている。
 
 3月16日の終値1461円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS61円24銭で算出)は23〜24倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間19円で算出)は1.3%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2334円02銭で算出)は0.6倍近辺である。なお時価総額は約37億円である。
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[3月01日更新]

ヤマシタヘルスケアホールディングスは売り一巡感、18年5月期大幅増益予想

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社の純粋持株会社である。18年5月期は年度後半に機器需要回復が見込まれるため大幅増益予想である。株価は地合い悪化の影響で水準を切り下げたが売り一巡感を強めている。
 
■九州を地盤とする医療機器専門商社、17年12月純粋持株会社へ移行
 
 山下医科機械が17年12月1日付で純粋持株会社ヤマシタヘルスケアホールディングスを新設して新規上場した。
 
 山下医科器械は九州を地盤とする医療機器専門商社で、医療機器の販売・メンテナンスおよび医療材料・消耗品などの販売を主力としている。またイーピーメディックは整形インプラントを製造販売している。中期成長に向けて九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略としている。
 
 収益面では医療機関の設備投資関連で、第2四半期(9月〜11月)および第4四半期(3月〜5月)の構成比が高い特性がある。利益還元については安定的な配当の継続を基本方針とし、配当水準として連結配当性向30%を基準としている。
 
■光通信と資本業務提携
 
 17年6月医療機器販売のトムス(広島県)を子会社化した。17年9月にはパナソニックヘルスケアとの合弁会社パナソニックメディコム九州(出資比率49%で持分法適用関連会社)について、全株式をパナソニックヘルスケアに譲渡して合弁を解消した。
 
 また17年9月には光通信<9435>と資本業務提携契約を締結した。光通信の九州地区における医科向け「EPARK」事業を共同展開するため、第三者割当による自己株式処分で山下医科機械の4万7533株を光通信に割り当てるとともに、光通信の「EPARK」事業を展開するイーディライトの第三者割当増資を引き受けた。
 
■18年5月期大幅増益予想、年度後半に機器需要回復
 
 今期(18年5月期)連結業績予想(持株会社の予想として12月1日公表、山下医科機械として7月11日公表した数値と同じ)は、売上高が前期(山下医科機械の17年5月期実績)比9.4%増の574億30百万円、営業利益が28.7%増の2億40百万円、経常利益が19.1%増の3億07百万円、そして純利益が7.9倍の1億53百万円としている。配当予想は9円増配の年間19円(期末一括)としている。予想配当性向は31.0%となる。
 
 第2四半期累計(山下医科機械の実績)は、売上高が前年同期比13.5%増の276億28百万円、営業利益が36百万円の赤字(前年同期は6百万円の黒字)、経常利益が60.3%減の13百万円、純利益が2.1倍の19百万円だった。
 
 SPD事業の拡大、17年6月子会社化したトムスの新規連結などで増収だが、病院施設新築移転等の大型案件が予想を下回り、全体的な利益率の低下、物流コストの増加などで各利益は計画を下回った。
 
 医療機器販売業の売上高の内訳は、一般機器分野が大型設備案件減少で12.0%減の34億55百万円、一般消耗品分野がSPD契約施設における医療機器消耗品の増加で7.8%増の106億18百万円、低侵襲治療分野がIVE等の内視鏡処置用医療材料の増加で14.8%増の77億56百万円、専門分野(新規連結のトムス含む)が整形消耗品や透析材料の増加で60.2%増の50億23百万円、情報・サービス分野が電子カルテシステムの増加で23.2%増の6億12百万円だった。
 
 通期ベースでは年度後半に機器需要回復が見込まれるため大幅増益予想である。純利益は減損損失および投資有価証券評価損の一巡も寄与する。設備需要回復して収益改善が期待される。
 
■株価は売り一巡感
 
 株価は地合い悪化の影響で水準を切り下げたが、2月15日安値1444円から切り返して売り一巡感を強めている。
 
 2月28日の終値1494円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の今期連結EPS61円24銭で算出)は24〜25倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間19円で算出)は1.3%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2334円02銭で算出)は0.6倍近辺である。時価総額は約38億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
[01月22日更新]

ヤマシタヘルスケアホールディングスは18年5月期大幅増益予想、1月23日〜29日に立会外分売
 
 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、九州を地盤とする医療機器専門商社の純粋持株会社である。18年5月期第2四半期累計は営業赤字だったが、通期は年度後半に機器需要回復が見込まれるため大幅増益予想である。なお1月23日〜29日に立会外分売を予定している。
 
■九州を地盤とする医療機器専門商社、17年12月純粋持株会社へ移行
 
 山下医科機械が17年12月1日付で純粋持株会社ヤマシタヘルスケアホールディングスを新設して新規上場した。
 
 山下医科器械は九州を地盤とする医療機器専門商社で、医療機器の販売・メンテナンスおよび医療材料・消耗品などの販売を主力としている。またイーピーメディックは整形インプラントを製造販売している。中期成長に向けて九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略としている。
 
 収益面では医療機関の設備投資関連で、第2四半期(9月〜11月)および第4四半期(3月〜5月)の構成比が高い特性がある。利益還元については安定的な配当の継続を基本方針とし、配当水準として連結配当性向30%を基準としている。
 
■光通信と資本業務提携
 
 17年6月医療機器販売のトムス(広島県)を子会社化した。17年9月にはパナソニックヘルスケアとの合弁会社パナソニックメディコム九州(出資比率49%で持分法適用関連会社)について、全株式をパナソニックヘルスケアに譲渡して合弁を解消した。
 
 また17年9月には光通信<9435>と資本業務提携契約を締結した。光通信の九州地区における医科向け「EPARK」事業を共同展開するため、第三者割当による自己株式処分で山下医科機械の4万7533株を光通信に割り当てるとともに、光通信の「EPARK」事業を展開するイーディライトの第三者割当増資を引き受けた。
 
■18年5月期大幅増益予想、年度後半に機器需要回復
 
 今期(18年5月期)連結業績予想(持株会社の予想として12月1日公表、山下医科機械として7月11日公表した数値と同じ)は、売上高が前期(山下医科機械の17年5月期実績)比9.4%増の574億30百万円、営業利益が28.7%増の2億40百万円、経常利益が19.1%増の3億07百万円、そして純利益が7.9倍の1億53百万円としている。配当予想は9円増配の年間19円(期末一括)としている。予想配当性向は31.0%となる。
 
 第2四半期累計(山下医科機械の実績)は、売上高が前年同期比13.5%増の276億28百万円、営業利益が36百万円の赤字(前年同期は6百万円の黒字)、経常利益が60.3%減の13百万円、純利益が2.1倍の19百万円だった。
 
 SPD事業の拡大、17年6月子会社化したトムスの新規連結などで増収だが、病院施設新築移転等の大型案件が予想を下回り、全体的な利益率の低下、物流コストの増加などで各利益は計画を下回った。
 
 医療機器販売業の売上高の内訳は、一般機器分野が大型設備案件減少で12.0%減の34億55百万円、一般消耗品分野がSPD契約施設における医療機器消耗品の増加で7.8%増の106億18百万円、低侵襲治療分野がIVE等の内視鏡処置用医療材料の増加で14.8%増の77億56百万円、専門分野(新規連結のトムス含む)が整形消耗品や透析材料の増加で60.2%増の50億23百万円、情報・サービス分野が電子カルテシステムの増加で23.2%増の6億12百万円だった。
 
 通期ベースでは年度後半に機器需要回復が見込まれるため大幅増益予想である。純利益は減損損失および投資有価証券評価損の一巡も寄与する。設備需要回復して収益改善が期待される。
 
■株価は下値固め完了感
 
 なお1月16日に立会外分売を発表している。分売予定株式数9万株で、予定期間は1月23日〜29日の間としている。
 
 株価は12月26日安値1561円から切り返して下値固め完了感を強めている。1月19日の終値1607円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の今期連結EPS61円24銭で算出)は26〜27倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間19円で算出)は1.2%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2334円02銭で算出)は0.7倍近辺である。時価総額は約41億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
 [12月06日更新]

ヤマシタヘルスケアホールディングスは18年5月期大幅増益予想、山下医科器械が12月1日付で持株会社に移行

 ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>(東1)は、17年12月1日付で、山下医科器械<3022、11月28日付で上場廃止>が純粋持株会社に移行して新規上場した。九州を地盤とする医療機器専門商社である。18年5月期は設備案件の需要回復などで大幅増益予想である。
 
■九州を地盤とする医療機器専門商社、17年12月純粋持株会社へ移行
 
 17年12月1日付で純粋持株会社ヤマシタヘルスケアホールディングスを新設した。山下医科器械は九州を地盤とする医療機器専門商社で、医療機器の販売・メンテナンスおよび医療材料・消耗品などの販売を主力としている。またイーピーメディックは整形インプラントを製造販売している。中期成長に向けて九州最大の需要地である福岡県での市場シェア拡大を最重点戦略としている。
 
 収益面では医療機関の設備投資関連で、第2四半期(9月〜11月)および第4四半期(3月〜5月)の構成比が高い特性がある。利益還元については安定的な配当の継続を基本方針とし、配当水準として連結配当性向30%を基準としている。
 
■光通信と資本業務提携
 
 17年6月医療機器販売のトムス(広島県)を子会社化した。17年9月にはパナソニックヘルスケアとの合弁会社パナソニックメディコム九州(出資比率49%で持分法適用関連会社)について、全株式をパナソニックヘルスケアに譲渡して合弁を解消した。
 
 また17年9月には光通信<9435>と資本業務提携契約を締結した。光通信の九州地区における医科向け「EPARK」事業を共同展開するため、第三者割当による自己株式処分で4万7533株を光通信に割り当てるとともに、光通信の「EPARK」事業を展開するイーディライトの第三者割当増資を引き受けた。
 
■18年5月期大幅増益予想
 
 今期(18年5月期)連結業績予想(7月11日公表)は、売上高が前期(17年5月期)比9.4%増の574億30百万円、営業利益が28.7%増の2億40百万円、経常利益が19.1%増の3億07百万円、純利益が7.9倍の1億53百万円としている。配当予想は9円増配の年間19円(期末一括)としている。予想配当性向は31.0%となる。
 
 第1四半期はSPD事業が順調に拡大し、17年6月子会社化したトムスの新規連結も寄与して売上高が前年同期比14.2%増収だったが、病院施設新築移転等の大型案件が無く、売上総利益率が低下し、長崎TMSセンター稼働に伴う人件費や設備管理費の増加も影響して営業赤字が拡大した。
 
 医療機器販売業の売上高の内訳は、一般機器分野が大型設備案件減少で11.0%減の18億06百万円、一般消耗品分野がSPD契約施設における医療機器消耗品の売上増で10.8%増の52億90百万円、低侵襲治療分野が心臓循環器消耗品や内視鏡処置用医療材料の増加で14.5%増の36億63百万円、専門分野(新規連結のトムス含む)が整形消耗品や透析材料の増加で60.4%増の24億66百万円、情報・サービス分野が1.5%増の2億45百万円だった。
 
 通期ベースでは大型設備案件の需要回復、一般消耗品分野や低侵襲治療分野の堅調推移、トムスの新規連結などで増収・大幅増益予想である。純利益は減損損失および投資有価証券評価損の一巡も寄与する。設備需要回復して収益改善が期待される。
 
■株価は下値固め完了感
 
 株価は1700円近辺でモミ合う形だが、下値固め完了感を強めている。山下医科器械<3022、11月28日付で上場廃止>の11月27日終値は1735円、ヤマシタヘルスケアホールディングス<9265>の12月1日終値は1730円だった。
 
 12月4日の終値1679円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の今期連結EPS61円24銭で算出)は27〜28倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間19円で算出)は1.1%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2334円02銭で算出)は0.7倍近辺である。時価総額は約43億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。