[9417]スマートバリュー

[12月13日更新]

スマートバリューは年初来高値更新、18年6月期大幅増益予想、12月末基準日で株式2分割
 
 スマートバリュー<9417>(JQ)は、クラウドソリューション事業およびモバイル事業を展開している。18年6月期大幅増益予想である。17年12月31日基準日(18年1月1日効力発生日)として1株を2株に分割する。株価は年初来高値更新の展開だ。
 
■クラウドソリューション事業とモバイル事業を展開
 
 データセンターからサービス運営まで垂直統合型クラウドサービスを提供するクラウドソリューション事業、およびドコモショップを運営するモバイル事業を展開している。17年6月期の事業別売上高構成比は、クラウドソリューション事業40%、モバイル事業60%だった。
 
 クラウドソリューション事業は、都市型データセンターを基盤として自治体・公的機関等の特定業種業務向けSaaSを提供する地域情報クラウド、都市型データセンターにおいてクラウド基盤サービスを提供するクラウドプラットフォーム、車載分野で安全運転支援機器の販売をベースにモビリティ・クラウドソリューションへの展開を図るモビリティ・サービスを展開している。モバイル事業は、一次代理店である兼松コミュニケーションズからの再委託により、大阪府でドコモショップ6店舗を運営している。
 
■18年6月期大幅増益予想
 
 18年6月期の非連結業績予想は、売上高が17年6月期比11.6%増の72億97百万円、営業利益が34.1%増の3億68百万円、経常利益が34.5%増の3億71百万円、純利益が2.1倍の3億76百万円としている。
 
 第1四半期は、売上高が前年同期比4.2%増の15億52百万円で、営業利益が32百万円(前年同期は26百万円の赤字)、経常利益が32百万円(同25百万円の赤字)、純利益が1億06百万円(同18百万円の赤字)だった。増収効果などで黒字化した。
 
 クラウドソリューション事業は30.0%増収と好調に推移し、原価削減も寄与して5.5倍増益と収益改善した。モバイル事業は9.3%減収だったが、経費削減などで53.7%増益だった。なお事業構造改革の一環としてデータセンター事業の戦略見直しを行い、データセンターファシリティ譲渡による固定資産売却益3億42百万円を特別利益に計上した。また事業再編引当金繰入額1億50百万円を特別損失に計上した。
 
 なお17年12月31日基準日(18年1月1日効力発生日)で1株を2株に分割する。これに伴って18年6月期の配当予想を従来の年間12円50銭(期末一括)から6円25銭に修正した。実質的な変更はない。
 
■株価は年初来高値更新
 
 株価は11月27日に年初来高値2940円まで上伸した。その後は上げ一服の形だが自律調整の範囲だろう。12月11日の終値は2749円、時価総額は約62億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
 
株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。


株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。