05_report09.jpg
【相場展望】
3月期配当取り終了で出遅れ銘柄に矛先、選挙と景気見守る展開か


今週(23日〜27日)の相場は日経平均でみれば場中高値が1万9775円、安値は1万9099円と高安の振幅が約680円と大きいものだった。2万円に突っかけたが、突き返され、逆に上値が重いとみた売方に売り攻勢をかけられ急落したといえる展開だった。週末値比較では前週末に比べ275円安と前の週の306円高から反落した。

今週、場中で日経平均のNYダウに対する上ザヤが2026ポイントまで拡大するなど、日本のマーケットはハシャギすぎとの見方が台頭し売方の狙うところとなったといえる。また、日経平均の2万円は通過点だろうが、大台乗せには地方選挙の行方や1〜3月のGDPの内容を見守る必要があるとの声が聞かれる。

26日には全国10の道県知事選挙がスタートした。アベノミクスは都会と大手企業には歓迎となっているが、地方では恩恵を享受できていないとの不満の声も強いだけに地方がどう判断するか、12日の投票までは大きくは動き難い状況といえる。とくに、選挙に強い関心を持つ外国人投資家は様子見となる可能性はありそうだ。

また、国内の年金資金等も3月期決算銘柄の配当を取ったことで、これまでの積極的な上値買いから押し目買いにスタンスを変えてくるのではないかとみられる。

一方、NYダウは利上げをめぐって、小さな音にあわてて飛び立つ水鳥のようなバタバタした動きとなっている。ただ、足元の景気・企業々績はしっかりしているし、PERは16倍台半ばまで低下し過熱感は薄れている。NYダウは1万7500ドル前後まで下げれば底打ちが予想される。

日本のマーケットも足元の業績は好調なことから売方も深追いはできないところだろう。今週は安値1万9099円まで下げたが25日線(1万9077円)を割り込まなかった点にも売方の慎重さがうかがえる。来週は25日線攻防が内部要因的には見所となるだろう。

物色銘柄は3月期決算銘柄が権利配当落ちとなったことで物色の矛先は4月期決算や5月期決算銘柄に向かいそうである。また、このところマザーズ、ジャスダックにも新高値銘柄が増え始めていることから新興系銘柄が人気となる可能性もありそうだ。

次の本格相場は3月期決算が発表となる5月中旬から6月頃になるものとみられる。それまでは、4,5月期決算銘柄や出遅れ銘柄などが物色の中心となりそうだ。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
wadai.jpg
どうなるお家騒動の行方 大塚家具株主総会始まる

どうなるお家騒動の行方

父娘の対立が続く大塚家具。会長である父、社長である娘、互いに相手を経営陣から外す提案を行い、きょう株主総会に諮られる。結果は? 

大塚家具の定時株主総会が27日午前、都内で始まった。大塚久美子社長率いる会社側は、社長続投を含む取締役10人の選任など4つの議案を出している。一方、社長の父親である大塚勝久会長側は社長の退任要求を含む2つの議案を示す。取締役選任では議決権の過半数を得る必要があり、態度を表明していない金融機関や個人株主の動向がカギを握る。今回の株主総会で父娘間の経営権を巡る委任状争いの行方が決着する。

増配案を巡っては、社長側が15年12月期から3年間は前期比倍増の80円にする方針を提示。会長側は同じく3倍の120円という対抗案を示す。


<追記>
株主総会を開き、大塚久美子社長による会社提案が委任状を含めた有効株式数の過半数の支持を得て、可決された。父親で創業者の大塚勝久会長は解任され、取締役から外される見通し。
(13:10頃 産経NEWSより参照)

大塚家具騒動、決着
大塚家具は27日、東京都内で株主総会を開き、大塚久美子社長による会社提案が委任状を含めた有効株式数の過半数の支持を得て、可決された。父親で創業者 の大塚勝久会長は解任され、取締役から外される見通し。株式公開企業を舞台にした前代未聞の親子げんかはひとまず決着した。


過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。