05_report09.jpg
【相場展望】海外投資家は先物を売る、一本調子の上げにブレーキ

(3月30日〜4月3日)

 一本調子の上げにブレーキがかかってきた。東京証券取引所が発表した3月3週の投資家別株式売買状況によると、外国人投資家は6週連続の買い越しとなり、買越額は1334億円だった。個人も9週ぶりの買い越しで、買越額は95億円だった。ただ、個人は現金が804億円位の買いとなる一方、信用では708億円の売り越だ。

 反対に、信託銀行は1346億円の売りこし。売り越しは3週連続で売り越し額も前週の倍以上。GPIFの売りという懸念もあるが、まだ買い余力はあると見ていい。問題は先物市場。海外投資家は2154億円の売り越しに転じた。解消売りの先駆けとみられ、前週の週末2日間の売りにつながった模様だ。

 アメリカも不調だ。思ったほどには企業業績の向上が見られず、投資家の失望感が強まっている。それと最大の関心事は、ドル高に一服感がでたことも響いている。しかし,これは9年以上に及ぶ米国株の上昇相場で繰り返されたこと。今回も難なく吸収することが予想される。

 4月の新営業年度に入るということもあり、今週は注目の週となりそう。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。