05_report09.jpg
【為替・株式相場展望】
日本株には特別の悪材料なし、モミ合いの展開


(4月6〜10日)

 今週の株式・為替相場は、海外投資家の利益確定売りも警戒されるが、日本株に対して特段の売り材料も見当たらない。やや材料難だが、全体としてはモミ合いに近い堅調な展開となりそうだ。日経平均株価2万円が通過点となるためにも、1万9000円台を固めながらエネルギーを蓄積する展開が望ましい。

 前週末3日の米3月雇用統計で非農業部門雇用者増加数が前月比12.6万人増加にとどまり、市場予想の24〜24.5万人増加を大幅に下回った。ただし米FRB(連邦準備制度理事会)の利上げ開始時期が後退したとの見方が優勢になり、3日は休場だった米国株にはポジティブ要因となりそうだ。

■米雇用統計の影響は一時的

 そして米3月雇用統計発表後の外国為替市場では1ドル=108円台後半までドル安・円高方向に傾いた。米FRBの利上げ開始時期を巡る思惑が交錯して当面は方向感に欠ける展開となりそうだが、日米の金融政策の基本的な方向性に変化はなく米3月雇用統計の影響は一時的だろう。

 7日〜8日の日銀金融政策決定会合、10日のオプションSQ(特別清算指数)算出、米国での1〜3月期決算発表開始が当面の注目点となるが、日銀金融政策決定会合では金融政策の現状維持の可能性が高く、会合後の黒田総裁の記者会見でもサプライズは期待薄だろう。また米国では8日のアルコアを皮切りに1〜3月期決算発表が始まるが、本格化は次週(4月13日〜17日)となる。

 需給面では、利益確定売りで海外投資家が売り越しに転じてきたが、引き続き日銀によるETF買いや年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による日本株買いが安心感に繋がる。大勢として為替はドル高・円安方向、日経平均株価は2万円を目指す流れに変化はないだろう。

 日本株の物色面では、利益確定売りも警戒され始めた中で主力大型株が上値を追うのか、それとも出遅れ感の強いマザーズ市場のテーマ関連株や中小型株に個人投資家の資金がシフトするのかが注目点だ。テーマ物色では個人消費関連、スマートカー関連、ゲーム関連などに注目したい。

 その他の注目スケジュールとしては、6日の日本2月景気動向指数、米3月ISM非製造業景気指数、7日の豪中銀理事会、米2月消費者信用残高、8日の日本2月国際収支、日本3月景気ウォッチャー調査、米FOMC(連邦公開市場委員会)議事要旨、8日〜9日の英中銀金融政策委員会、10日の中国3月PPI・CPI、などがあるだろう。

 その後は4月15日のECB(欧州中央銀行)理事会、28日〜29日の米FOMC(連邦公開市場委員会)、30日の日銀金融政策決定会合などが予定されている。


(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
michi.jpg 《Eimei「みちしるべ」》


(4月6日から4月10日の週)

雇用統計が市場予想の半分の12.8万人で着地した。
米景気が悪ければ利上げ後退観測にもなる。
この不思議な解釈は依然として市場を支配しているのだろう。
利上げと景気。
どちらを優先するかといえば当然景気の筈。
しかし市場はQE3の終焉の時も同じ過ちを犯している。
不可解な市場論理に乗せられてはいけないだろう。
足もと景気の悪化を材料視するのか、金利引き上げ先延べ方向を好感するのか。
微妙な段階ではある。

日興証券という証券会社の超大先輩浦上邦雄氏の「相場サイクルの見分け方」(日本経済新聞出版)の復刻版。
今読み返しても新鮮な相場の言葉に溢れている。
「企業収益であれ、金利の動向であれ、その水準や投資価値の問題よりも、その方向性が重要」。
「出来高は株価に先行する。
騰落レシオは市場への新規資金の流入を表示する」。
脳裏に残ったのは「株価は底値に近づけば近づくほど割高に見える。
だから株価が3分の1になっても売る投資家がいる。
株価の値上がりが人々の欲望を誘うとすれば、株価の大幅な値下がりは恐怖心を呼び起こす」。
「インデックス運用の設定が集中すると、相場に表情がなくなる」。
1986年には「東京電力、東京ガスを信用で買うべし」と言われ、1987年大発会には「住友信託銀行」とのご宣託だった。
その後の相場はその通り。
そして、1990年に書かれた本が今もって輝きを減じていない。
頭が下がる。

「夢をのせて(ラピュタ)」の兜町ポエム。

あの株価たち輝くのは
どこかに未来隠しているから
たくさんの板懐かしいのは
あのひとつひとつに過去があるから
さあでかけよう、ひとときの夢
短信、チャートかばんにつめこんで
投資家が残した熱い思い
株価がくれたあのまなざし

相場は回る未来隠して
輝く株価きらめく出来高
相場は回る夢をのせて
いつかきっと出会うぼくらの2万円

日経平均想定レンジ

下限19225円(3月メジャーSQ値)〜上限20434円(2000年4月14日、日経平均30銘柄入れ替え前水準)
(兜町カタリスト 櫻井英明)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。