【今日の言葉】新常態と日本の格差 shinn3.jpg

『新常態と日本の格差』=中国・国家統計局が15日に発表した2015年1−3月期のGDPはプラス7.0%だった。今年3月の全人代で打ち出した、経済の高速成長から中高速成長を目指すという、『新常態』(GDP7%前後の目標)に沿ったものとなっている。

10数パーセント成長から7%へ大きくスピードダウンしているのだから自由主義経済の下なら、かつての日本のバブル崩壊のように大変な状況となっていたはずだが、そこは共産党一党支配による良さとでもいうべきかうまく軟着陸している。一部には不動産価格の急落による影響もみられるようだが、全体の経済に波及させていないところは立派である。

かといって、日本が中国のように社会主義国家になりたいと思っているわけではないが、ただ、日本国内のいろいろなところで格差がついていることは自由主義だから仕方ないと切り捨てることはできない。適当な格差なら目標ができて励みになるが、あまりにも格差が開きすぎるとヤル気が失せるし社会不安の火種になる心配がある。早く、国民の間に投資の裾野を広め株価上昇の効果を分かち合うようにするところに来ているように思われる。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR )
過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。