05_report27.jpg
【木村隆の相場展望】
海外勢の売りが続くも国内勢の買いが続き、堅調な相場
(4月20日〜4月24日)

 日経平均は2万円の大台を回
復してから伸び悩んでいるが、健全な調整の範囲内と言えそう。海外勢などの利益確定売りは続きそうだが、公的マネーが支える構図は変わらない。指数が高値圏を維持するなか、個別銘柄ではリターンリバーサルの動きが強まる見通しだ。一方、米企業決算やギリシャ情勢などの海外要因に対し警戒する声も出ている。

 足元では年初来の物色動向に変化が出始めている。東証業種別株価指数でみると、4月第2週(4月13─17日)の騰落では、値下がり率トップ3は食料品、小売、サービスとなった。この3業種は年初来でTOPIXを4ポイント以上アウトパフォームし、相場のけん引役となっていたが、一転して利益確定売りが強まった格好だ。

 半面、4月第2週の値上がり率上位には石油・石炭製品や鉱業など原油関連株や、鉄鋼、非鉄金属など素材株が並ぶ。いずれも年初来で大きく出遅れていた銘柄だ。海外ヘッジファンドなどがこれまで買い越してきた銘柄を売り越し、出遅れ銘柄に入れ替えているようだ。

 これまで買われていた高ROEの値がさ株が軒並み下がっているが、円強含みのなか自動車株が買い戻されたり、銀行株が物色されたりするところをみると、大きく下げる感じはしない。ただ、日本株が高値圏を保つには海外情勢が落ち着いていることが前提だ。本格化する米企業決算では、銀行などは堅調な決算が見込まれているものの、製造業はドル高の影響が懸念され、米国株が下押すようだと日本株への影響は避けられない。また「ギリシャに対する警戒感も払しょくされず、リスク要因として意識されるという。
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
05_report27.jpg
【水田雅展の株式・為替相場展望】
基調は強いが相場牽引銘柄には買い疲れ感が台頭、循環物色となるかが注目点

4月20日〜24日の株式・為替相場はやや慎重ムードを強めそうだ。

株式市場では特段の日本株売り要因は見当たらず、日銀によるETF買いや年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による日本株買いも引き続き安心感に繋がるため、日本経済の再生や企業業績の拡大をテーマとして先高基調に大きな変化はないだろう。

ただし10日の取引時間中に日経平均株価が2万円台に乗せたことで一旦は目標達成感が広がっている。また高ROEや株主との対話姿勢への転換といった日本企業の変貌をテーマとして、日経平均株価の上昇を牽引してきた一部銘柄には買い疲れ感や利益確定売りの動きが目立ってきた。指数寄与度の高い銘柄を中心に買われて物色が広がらず、市場・セクター・銘柄間での二極化が進むという歪み感のあった指数上昇の最終局面という印象も強い。

そして、4月30日の日銀金融政策決定会合での追加金融緩和「黒田バズーカ3」に対する期待感として買いを煽る声が聞かれなくなり、一方ではギリシア問題などネガティブな海外要因を強調する声が目立ち始めた。当面は慎重なムードがやや優勢となりそうだ。

日経平均株価が上値を追うにはやはり循環物色が欠かせないだけに、出遅れ銘柄への物色のシフトが指数を支えるかどうかが注目点となる。また今週後半から本格化する3月期決算発表を控えて期待が先行するのか、様子見ムードを強めるのかも注目点だ。16年3月期企業業績に対する期待感のハードルが高くなっている一方で、企業は期初時点では慎重な見通しを公表する傾向が強いだけに、注意が必要だろう。

為替のドル・円相場に関しても、大勢として日米欧の金融政策の方向性の違いを背景としてドル高・円安方向の流れに変化はないが、当面は米国の主要経済指標や企業業績を睨みながら米FRB(連邦準備制度理事会)の利上げ開始時期を巡る思惑が交錯する。

28日〜29日の米FOMC(連邦公開市場委員会)を控えているが、6月利上げ開始観測がやや後退して米10年債利回りが上昇してこないだけに当面は膠着感を強めそうだ。ギリシア問題に対する警戒感でユーロ売りの動きが強まれば、ドル・相場でもリスク回避の円買いが強まる可能性もあるだろう。

その他の注目スケジュールとしては、20日の米シカゴ連銀全米活動指数、21日の独4月ZEW景況感指数、22日の日本3月貿易統計、米2月FHFA住宅価格指数、米3月中古住宅販売件数、23日の中国4月HSBC製造業PMI、米3月新築住宅販売件数、24日の独4月IFO景況感指数、米3月耐久財受注などがあるだろう。

その後は4月28日の日米首脳会談、28日〜29日の米FOMC(連邦公開市場委員会)、30日の日銀金融政策決定会合などが予定されている。
(アナリスト水田雅展の銘柄分析 日本インタビュ新聞)
michi.jpg 《Eimei「みちしるべ」》


(4月20日から4月24日の週)

セルインメイが今年はあるのかどうか。
ココが一つの課題。
月満ちれば欠けるものでもあり、このリズムの習得こそ相場勘の育成につながるのだろう。
今月はSQ値を上回らずに6日間が経過。
SQ値は20008円だったが、そう遠い水準でもない。
12月に18000円にタッチしてから節分まで約2ヶ月経過して再騰したのが歴史。
相場に必要なのは「方向性・値幅・タイミング」。
方向性が上ならば少しの足踏みなど気にせずとも良いのだろう。

アチコチで聞く声は「ホテルが異常に高い」。
大阪梅田の阪急ホテルが3万円。
東京のアパが最大4万円。
外国人が円安効果を享受するにしても4割程度。
逆算してみると、アパが2万8000円。
円安効果以上のインバウンド効果があるということだろうか。
少なくとも泊まる心配というのは久しくなかった現象。
1万円札でタクシーなんて完全に牧歌的な事柄となってしまったのかも知れない。
そもそも・・・。
中国株の上昇も顕著だ。
週末の上海総合指数は4287ポイント。
過去1年間で約2倍に上昇した。
時価総額は3月末で4兆78311億ドル(約570兆円)。
日本株は4兆8103億ドル。
これもまもなく抜き去られるのだろう。
良くも悪くもパンダが世界を席巻している。
可愛さから言えば、沖縄のゴルフコースで見たマングースの方が可愛かったが・・・。
千趣会の筆頭株主にJフロント。
ユーグレナは米国でミドリムシの培養実験始めると発表。
曙ブレーキは下方修正。
知っている銘柄があちこち登場している。

日経平均想定レンジ

下限19529円(25日線水準)〜上限20434円(2000年4月14日、日経平均30銘柄入れ替え前水準)

(兜町カタリスト 櫻井英明)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。