こてっちゃんのSFOODSは今2月期も2ケタ増益、PERは同業に比べ割安 kotechan.png
「こてっちゃん」で知られるSFOODS<2292>(東1・売買単位100株)は、朝方24円高の2234円と3日続伸した。後場は2130円台に軟調となっている015年2月期の当期純利益が30%強増益となったのに続き、2016年2月期も15%増益を確保する見通し。

 同社は米国産牛肉と内臓肉輸入のパイオニアで、「こてっちゃん」が有名。2014年1月にフードリエ(当時、グリコハム)がグループ入りしたこともあって2015年2月期は前々期比26.5%増収、同40.4%経常増益、同31.1%当期純利益増益となった。2016年2月期は円安による原料高などで、経常利益の増益幅は前期比2.3%増益とひとケタ台となるが、当期純利益は同15.1%増益を見込む。当期純利益は前期に続き記録を塗り替える。

 予想1株当利益は178円56銭(前期155円13銭)にアップ。PERは12倍台。同業の丸大食品35倍、トーホーの23倍などに比べると低い。

 積極的な設備投資の資金調達として5月に90億円の第三者割当による転換社債を発行する。転換価格は2506円。株価は今後この転換価格を意識した展開になろう。

 年初来高値は2600円(1月13日)、同安値は1983円(2月5日)である。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。