テラスカイは上場後快調な上昇、株価に勢い、クラウド背景に成長期待
youkai.jpg

テラスカイ<3915>(東マ・売買単位100株)は4月30日に東証マザーズへ新規上場したニューフェイス。クラウド導入コンサルタント企業として成長が可能な企業として注目されている。


 同社はクラウドを活用した最適なシステム開発支援と受託開発を行うソリューション事業と、クラウドに特化した製品開発とサービスを提供する製品事業が2大事業となっている。大企業向けのシステム開発(これまで損保ジャパン日本興亜システムズ、イーデザイン損保、みずほキャピタル、昭和シェル石油、小田急電鉄、富士通ゼネラルなどの開発に携わる)を中心に1000万円を超える大型案件が増加し、2016年2月期におけるソリューション事業の売上高は前期比40.6%増となる見込み。


 一方、製品事業はSalesforceの利用拡大で同40.5%増の売り上げ増加が期待されるなど、2事業とも4割を超す増収となるという。


 その背景にクラウド需要の拡大がある。クラウド市場規模は2013年度6257億円から2015年度1兆円(予想)に増加、そして2017年度には1兆5000億円(同)に拡大すると予想されているため、同社の売上規模も急拡大する公算が強い。


 一方、利益は2016年2月期で営業利益1億9200万円(前期比19.7%増)、経常利益1億7600万円(同14.0%増)の見通しと、売上高の伸び率に対しては迫力に欠ける。人件費増や株式公開費用による負担があるためで、これが一巡すれば増収率以上の増益率を達成する可能性がある。


 上場初値は1日の7650円、8日は3000円高の1万3650円と値を上げている。PERは100倍を超えているが、株価に勢いが加わっていることから一段高の可能性はありそうだ。

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。