【今日の言葉】
好調決算だがイケイケどんドンにはなれない
k333.jpg

『好調決算だがイケイケどんドンにはなれない』


3月期銘柄の2015年3月期決算発表が最盛期を過ぎた。注目の2016年3月期も概ね順調が予想されている。

マーケットの重要指標である日経平均ベースの予想1株利益でみれば2014年3月末の1019円が2015年3月末に1120円、さらに直近5月14日時点では1211円となっている。現時点では14年3月に比べると1株利益は18.8%の伸びだが、今年3月期末比では8.1%の伸びにとどまっている。

仮に、ここ2年余のPER最高である18.18倍まで買えば日経平均は2万2015円という計算値となる。計算上はここから日経平均は10%ほど上値が見込めることになるが、「このていどの上値目標では、これまでのようなイケイケどんどんという気持ちにはなれない」との声も聞かれる。これからのマーケットは銘柄選別がいっそうポイントとなりそうだ。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)


過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。