05_report27.jpg
『下降に向かうNT倍率』


東証1部の『NT倍率』が低下傾向にある。NT倍率は、当日の日経平均を分子、TOPIXを分母として求める。日経平均がTOPIXに対し優位かどうかを見る。

今年4月にNT倍率は12.54倍まで上昇、NT倍率の上限とされる12.7倍に接近したことで頭打ちから下降に転じている。5月8日には12.20倍まで低下、足元では12.25〜12.29倍でモミ合っている。

今後については、見方が分かれている。

(1)高ROE銘柄の日経平均型銘柄に対し、依然、外国人投資家の買い意欲が強いのでNT倍率は再び上昇する。

(2)日経平均の12日連騰で日経平均主導相場はひとヤマ形成したのではないか。外国人がサマーバカンスを控えているので外国人買いは下火になりNT倍率は下降し昨年6月の12.0倍まで低下する。

(3)ROEが軸の相場には変わりはないが、これまでのROE10%以上銘柄からROE8%前後の銘柄にも目が向くだろう。その結果、NT倍率は横ばい推移が予想される。

一部市場関係は、カギを握っているのはトヨタ自動車ではないだろうかとみている。3月24日の年初来高値8783円からほぼ3カ月調整しているトヨタが新高値に進むようなら、再び、日経平均を押し上げNT倍率は上昇に向かうという。

例年、ボーナスシーズンの6月相場は中低位の数量銘柄が人気の中心になることが多い。今年は、例年とは違う展開となるのか注目される。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。