michi.jpg 《Eimei「みちしるべ」》


(6月8日から6月12日の週)
米雇用統計は非農業部門雇用者数28万人増で着地。
利上げの早期観測もあるが、どうせなら早く利上げしてくれた方が良いという声もある。
日経平均2万円は台固めと通過点。
おそらく25000円になれば買い心理一色となるのだろう。
安いと買えない日本株。
安いと不安な市場心理。
今までは高いと怖い日本株。
高さに不信の日本株だった。
しかし、少し市場心理は変化。
高くなければ買えない日本株。
みんなでわたろう日本株みたいな心理になってきた。
この変化こそ、株高への道しるべなのだろう。

日経マーケット面では「株、値動き小さく」の見出し。
5月12日以来変動率1%以下の日が19日連続しているという。
記録あは05年8月8日までの29日連続。
しかしその8月8日に郵政解散でその後の株高に結びつく「すくみ」だった。
これは記憶の片隅にもある出来事。
だったら今回のすくみもジャンプの前の静けさと読みたいところ。


日経平均想定レンジ

下限20348円(勝手雲の上限)〜上限21029円(25日線の5%かい離水準)

メジャーSQ。
アベノミクススタート以降SQ値は切りあがってきた。
今の水準の2万円台を振り返ってみると4月が20008円。
これは抜けそうな気配。
その前は2000年4月の20305円。
その前は1997年6月の20838円。
2000年をキープして1997年に挑戦というところだろうか。
一方でTOPIXのSQ値。
1600ポイント台で決まれば07年10月(1671ポイント)以来のこと。

(兜町カタリスト 櫻井英明)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。