05_report27.jpg
CRI・ミドルウェアは新規採用ゲームタイトルの増加が相次ぎ連続最高純益を再評価し反発

CRI・ミドルウェア(3698)(東マ)は、30円高の1930円と反発して始まり、今年6月4日につけた株式分割の権利落ち後安値1830円から底上げしている。

 きょう10日の日経平均株価が、42円安と続落し全般相場が調整色を強めるなか、同社の音声と映像に特化したミドルウェア(基盤ソフト)「CRIWARE」の新規採用が、世界的に進んでいることから、今9月期の連続過去最高純利益更新を見直しゲーム関連株人気を再燃させている。今年5月8日に開示した今期第2四半期(2Q)累計業績が、今年2月の上方修正値を上ぶれて着地したことも、業績期待を高めている。

■新規採用のゲームタイトルは英国アカデミー賞のベストゲーム賞を受賞

 同社は国内で唯一、音声と映像のミドルウェアを開発し、許諾販売している企業で、この「CRIWARE」は、家庭用ゲーム分野では、「デファクトスタンダード(事実上の業界標準)」となっており、今年3月現在で採用ゲームタイトルは、3000タイトルを突破、その後も新規採用が続き、今年5月第5週、6月第1週も合計、4タイトルに新規採用された。ゲーム史上最大の制作費約500億円で開発されて昨年9月に世界同時発売されたアクションシューティングゲーム「Destiny」が、同社のミドルウェアを採用し、高画質再生と映像美を実現したとして今年3月に英国アカデミー賞のベストゲーム賞を受賞したことも、世界的な評価を高めている。

 業績も、この「CRIWARE」が家庭用ゲームのほかスマートフォンアプリ向けにも新規採用が続き、この使用許諾による許諾料の積み上げで高成長している。今9月期2Q累計業績は、四半期決算が初作成となるため前年同期比較はないが、昨年11月の新規株式公開(IPO)時予想から上方修正され修正値を利益が、2700万円〜1300万円上回り、売り上げ6億円、経常利益1億3200万円、純利益7900万円で着地した。9月通期業績は、下期に外注費、業務委託費などの負担があるとして、IPO時予想を据え置き、売り上げ12億8600万円(前期比12.3%増)、経常利益2億4800万円(11.8%増)、純利益1億5600万円(同10.2%増)と見込み、純利益は、連続の過去最高更新となるが、なお業績上ぶれ期待を高める。

■25日線から5%超のマイナスかい離と下げ過ぎを示唆し一段の戻りを期待

 株価は、公開価格2400円でIPOされ1万3500円で初値をつけ、昨年のIPO株でトップの初値倍率となった。その後、上場来高値2万320円まで買い進まれ、今年3月末に株式分割(1対3)の権利を7360円で落とし、権利落ち後は落ち後高値2570円から同安値1830円まで調整した。同安値から底上げ局面にあるが、テクニカル的に25日移動平均線からなお5%超のマイナスかい離と下げ過ぎを示唆している。一段の戻りにトライしよう。
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。