wadai604.jpg
6月も月末高値の可能性秘める、昨年12月から月末が当面高値の展開

 日経平均は、ジグザグを繰り返しながら下値を切上げる展開だが、ジグザグの上値ピークをみると一定のリズムが感じられる。

 昨年12月28日(1万7914円)、今年になって1月28日(1万7850円)、3月23日(1万9778円)、4月23日(2万0252円)、5月28日(2万0655円)と、いずれも月末水準が目先天井をつけるリズムとなっている。
kabu14.jpg
 理由は、よく分からない現象の{アノマリー}として注目される動きである。特に、「28日」がポイントのようで、6月も「28日」前後は、注意が必要だろう。

 マーケットでは、「株主総会が28日頃に集中しているので、その頃までは高いだろう。その後は夏休みを控えていることもあって6月も月末ピークの可能性はありそうだ」(中堅証券)との見方だ。

 買いの主力だった外国人投資家に買い疲れ感台頭も報道されており、需給面で陰りがみられることも事実。

 主力株の深追いは慎むところで、徹底的に押し目買いに徹するところだろう。
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。