05_report27.jpg
『警備関連銘柄浮上』

『警備関連銘柄浮上』

これまで重大事故や事件のなかった東海道新幹線で死者の出る大きい事件が発生した。誰もがテロかと思ったに違いないだろうが、焼身自殺だった。ISが日本も標的と言って以来、我々はテロという言葉には敏感となっている。

keibi1.jpg
 今度の事件で、ノーチェックで乗り降りできる新幹線は標的となりやすいことが思い知らされた。来年は日本でサミットが開かれるしオリンピックも控えている。飛行機のようにボディチエックというわけにはいかないだろうが、最低限、不審者に目を光らせる警備強化は必要だろう。

 駅、ホームは当然で車内にも人員増強が必要となってくるのではないか。JR職員だけでは手が回らないからそうなれば警備会社の出番ということになるだろう。「警備」が注目銘柄として浮上してくるのではなかろうか。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

ギリシャ問題は夕方の緊急会合待ちだが金融リスクの拡大は限定的の見方

ギリシャの債務問題は、欧州時間の30日にEU(欧州連合)による金融支援が期限を迎え、約72億ユーロ(約1兆円)の融資枠が消滅すると伝えられた。この事態に対し、ユーロ圏の財務相による緊急会合が同1日午前11時半(日本時間では1日午後6時半)から開始されるという。本日の株式市場は、この推移を見極めるまで積極的に動きづらい展開が予想される。

g11.jpg
 ただ、米セントルイス30日発のロイター通信は、米セントルイス地区連銀のブラード総裁が30日、ギリシャが債務不履行(デフォルト)となり経済的な苦境に陥っても、米国や欧州に波及するリスクは限られるとの見解を明らかにした、と伝えた。株価指数の先物を買い戻す動きが優勢になる可能性が出ている。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)
過去のレポート

株式投資は全て自己責任でお願いします。このサイトの情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。当サイトの掲載事項において損失をされた場合も当方は一切の責任を負いかねます。